« 何たる茶番劇、姫井議員離党撤回 | トップページ | 共産党参議院議員 小池晃、社民党衆議院議員 阿部知子 »

2008年8月30日 (土)

経済対策決定、11.7兆円規模

麻生幹事長の経済対策優先発言から端を発し今日11.7兆円規模で政策決定した。公明党ごり押しの定額減税には消極的だった麻生さん。総合評価をどのように思っているか興味のあるところだ。

赤字国債の発行が予測され財政健全化が後退するおそれや、選挙対策を意識した色彩が強くばら撒きだ、優先順位が不明確など批判もあるがおおむね合格点60点という所だろう。

ただ視点を変えると選挙が近くなかったらどの様な内容になっていただろう。アメリカの対応の早さに比べると能動的な決定力は遅い。

先に漁業救済対策で助成金を出し、引き続き運送業への配慮を見せた。高速料金値下げも盛り込まれた。これらの対策はまさに原油高騰で暫定税率が議論された4月で検討されるべきであったと思う。

衆議院で暫定税率継続を2/3での強行採決をしたが、現在の景気後退は予測できたこと、暫定税率廃止が無理だったとしても税率変更とか対策は取れたはずだ。

中小企業支援策にしても倒産件数の増加が数字的にも増え続けることが明確だった4月にあわせて対策が実施されたら効果はまったく違っていただろう。

生きた政治をやってほしい。

                          Mugen

|

« 何たる茶番劇、姫井議員離党撤回 | トップページ | 共産党参議院議員 小池晃、社民党衆議院議員 阿部知子 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/42329506

この記事へのトラックバック一覧です: 経済対策決定、11.7兆円規模:

« 何たる茶番劇、姫井議員離党撤回 | トップページ | 共産党参議院議員 小池晃、社民党衆議院議員 阿部知子 »