« 真価が問われる舛添厚労大臣 | トップページ | 銀メダリスト太田雄貴選手の主張 »

2008年8月23日 (土)

民主党代表選 小沢代表無投票再選濃厚

出馬意欲の高かった野田氏が出馬を断念した。これで小沢代表の無投票3選がきまる。

折角の民主党アピールの機会であり全国27万党員の意思の確認と統一ができる機会を活用しないのは残念と思う。

自民党の失態続きで政権交代の世論が高まっている中でも民主党の支持率は停滞し党のホームページへの閲覧件数も減少傾向という。

国民の政権担当能力に対しての不安が見え隠れする。もともと寄り合い所帯で政権担当した時に本当に大丈夫だろうか?党をを統一して強い政策が打ち出せるのだろうかという不安が付きまとう。さらに再選が確定的のため変に逆らうと報復人事を恐れているふしもある。

再度いいたい。今民主党として国民から何が求められているのか、政権交代のために何をなすべきかを考えて欲しい。

今、2大政党時代への転換点に立っている。リーダーしだいで歴史は変わる。小沢一郎代表、大きなリーダーシップを発揮して政権交代を成し遂げ有能な次世代にバトンタッチをしてほしい。

                                  Mugen

|

« 真価が問われる舛添厚労大臣 | トップページ | 銀メダリスト太田雄貴選手の主張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表選 小沢代表無投票再選濃厚:

« 真価が問われる舛添厚労大臣 | トップページ | 銀メダリスト太田雄貴選手の主張 »