« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

与野党の議員緊急大集合・・・TBS番組より

Cimg2870みのもんたの特番で与野党の議員が現状の問題点で緊急討論した。いつも思うことだが与党の議員は政党の立場で発言するので建前ばかり。特に今回は選挙前ということもあり本当に白々しい。政治屋ばかりで国民の現実の苦しさがわかっていないのが露呈した。

Cimg2871あなたが最も不安に思うことは?というアンケートによると 

1位 老後、年金 2位 景気、雇用 3位 健康、医療という結果で、とりもなおさず政治不信の表れであった。

麻生総理の所信表明演説も異例の内容でビジョンを示すわけでもなく、懸案事項の具体策を示すわけでもなく、小沢民主党を挑発していかにおとしめるかというものであった。そこにはただ選挙対策だけが頭にあり国民はすっかり忘れ去さられていた。

Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

橋下大阪府知事が日本の政治を変える。

橋下知事が今年の1月に誕生して以来、全国で30代の自治体首長が6人誕生した。

国民は不景気、地方の地盤沈下、将来への不安からこのままではいかん、どげんかせにゃいかん、さらに国政を見ても世襲議員、政治屋ではいかんということを感じていたのだ。

経験不足でも、やる気のある若者の突破力と、変える力があるるかも知れないという期待感が高まった結果で、橋下知事の影響も強かったとおもわれる。

実際橋下知事により大阪府が変わっていくのが明らかになれば「橋下現象」はさらに拡大していくだろう。

今、国全体に変化を望む空気が高まっていて衆院選にもその形が現れるかもしれない。興味が持たれるところだ。      

Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

一流であって欲しかった小泉純一郎

小泉純一郎が引退することを正式表明した。

「総理在任中でやれることは全てやってしまった。このまま続けても今まで以上に活躍できないのでやめる。」と言う理由だが、今まで一流の政治家と思っていたからそうですかご苦労様でした、と認めるわけにはいかない。

国を思い、国を良くしたいと大きな志で政治家を目指したのなら在任中の改革はまだ道半ばのはづ。現に少なくとも小泉改革はその影が薄くなりつつあり、副作用や後遺症が出たままである。

それでもやり尽くしたというのは自己に酔っているだけで結局は地位を世襲させるタイミングがやめる最大の理由だった事になる。

子供に継がせたいというのは人の親として認めることができるが、獅子は千尋の谷にわが子を落とすと言うように、少なくとも他の議員のもとで勉強させるとか、別の選挙区から立候補させるという手段をとるべきだと思う。それで這い上がってこれないのは必要とされていないと言うことである。

「死ぬまで政治活動を続けていきたい」と言っているので今後を見守りたい。

中曽根康弘元総理は一流の政治家である。若いころは、風見鶏と批判されていたが今までの政治スタンスは一貫している。小泉純一郎に老害と追い出されたときには政治テロと激昂したがすぐに平静に戻り、グローバルな見地から、歴史的見地から、将来を見据え国を良くする為の提言と政治活動を続けている。

Wolf Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

今、政治が面白いー政権交代への流れ加速

Tanaka 自民党に逆風が吹いている。

●田中直紀自民党参議院議員が「次の選挙で自由に妻を応援したい」と自民党を離党した。婦人の田中真紀子が小沢一郎民主党に傾注していくのにあわせた動きと思う。小沢一郎は田中角栄の秘蔵っ子で今でも墓参りを欠かさない。田中真紀子との親交も増している。

今民主党の時代が訪れようとしているこのタイミングに田中真紀子も期する物がありそうだ。

●小泉純一郎は、自民党が負けて小泉チルドレンが惨敗する前に引退宣言をした。わが子かわいさに息子に地位を世襲させようとした引退にがっかりした自民党支持者は多い。

●新政権が発足したと同時に中山大臣が成田空港の整備方針について「ごね得というか、戦後教育が悪かった」また「日教組の強いところは学力が低い」。さらに「日本は内向きな単一民族だ」などと発言し結局辞任することになった。

政治と金の問題では中川金融、財務大臣と河村官房長官が不適切な献金を受けていてあわてて返還した。

あいも変らず問題続出で自民党議員の体質は皆同じことを露呈した。

                         Mugen

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

麻生内閣支持率と次期衆院選

麻生内閣発足時支持率が53%(日経)と,安倍内閣71%福田内閣59%に比して低かったので自民党は発足直後の“ご祝儀”による高支持率を追い風に早期の衆院解散・総選挙をもくろんでいたが予想外の結果にショックが広がっているという。

過去二人続いた総理の辞任、反省と謝ることを知らない自民党、盛り上がらない総裁選、などなどすでに国民は期待できないことを知っているのだ。

それでも支持率と次期選挙での投票予定は民主党を上回る数字が出ているが政権交代には今下回っていたほうが民主党には良いと思う。

小沢一郎は癖があり欠点も多いが前参議院選挙でも圧勝したように政権交代の流れを作ったことは評価できる。他の党首であればこの流れは作れなかっただろう。今回も最後の戦いと準備を重ねてきたので政権交代は現実のものになりそうだ。

国民が実現しそうだと感じることができるマニフェストが発表できれば決定的になるだろう。

Mugen

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

小泉元首相も投げ出し?突然の引退表明

小泉元総理がこれまた突然引退表明した。小泉構造改革も財政再建など評価される部分もあったが、郵政民営化の良い面はまだ見えてないし市場経済至上主義や規制緩和などアメリカ追従型の政策は格差社会や弱者切捨てなど多くの副作用や後遺症を残した。

自民党は今難しい局面を向かえまだ小泉元総理の果たす役割はあったはずだ。結局アクの強い身勝手な男がやることはやった後は知らないよと日本の政治をかき回しただけなのか?

新内閣の閣僚は18人中11人2世議員で世襲制が問題視される中次期選挙には27歳の次男に受け継がせると言う。本当に日本を思う気持ち、は希薄だったと言わざるを得ない。                            

Wolf Mugen

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
今日は何の日  9月25日

田中首相が訪中。日中国交樹立へ(1972)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

麻生内閣発足

麻生内閣が発足した。お友達内閣、論功行賞内閣などいろんな評価があるが特に感じることはない。しいて言えば社民党の福島みずほ党首の賞味期限切れのラベル貼り直し偽装内閣が最適の表現か?

今回もとりあえず内閣で大臣がこうも頻繁に変る日本の政治にうんざりする。何一つまともに政策が実行できないままどんどん国力が落ちていくのは耐え難い。

麻生総理が自ら閣僚名簿を発表したが気になる発言があった。「官僚を使いこなす」とメディアの前で公言した、確かにいわれていることだが、プライド高い官僚の反感を買ってしまった。人の心理がわからない総理は官僚の協力を得ることはできないだろう。

Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

麻生総裁誕生、総裁選総括

Cimg2842 22日麻生氏が圧倒的多数で総裁に選出された。そもそもこの総裁選は麻生氏の選出がほぼ決まっており次期総選挙に向けての事前運動が目的だったと思われる。その筋書き通り全国で17箇所も立会演説会を行い、総理が二人も途中で投げ出したこと、自民党の度重なる失態などをある程度忘れさせる効果はあった。麻生太郎は人気投票でも小沢一郎を上回りすっかり気分を良くしている。

他の候補の評価

石原伸晃・・・迫力不足、評価を気にして優等生的発言に終始。次期以降には効果あり。

小池百合子・・・評価をさげた。ぶっ壊す、もったいないなど他人の良いところ取り発言多い。 地方票ゼロは小泉人気も色あせたか?研鑽不足、10年早い感じ。

石破茂・・・防衛オタクから1歩前進。自分の言葉で発言し説得力が結構あり。将来性あり。

与謝野馨・・・政策通で地に足が着いている。高年齢で迫力不足は否めない。補佐役向き

関心は解散総選挙に移ったが補正予算は通したいため解散はずれ込みそうだ。人気のあるうちに解散するという見方が大勢だが意外に本音は最短の総理大臣になるリスクをさけできるだけ遅らせたいと思っているかもしれない。              Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月22日 (月)

太田農水大臣辞任と白須事務次官の更迭の疑問

19日米汚染問題が広がりを見せる中太田農水大臣と白須事務次官がやめた。今やめるのは責任をとるというよりも責任逃れではないか。

事態の把握と原因の究明をして対策を打つのが先決ではないか、やめるのはそれからで良い。農水省はうすうす気がついていたのではないか、今2人同時にやめることで無責任さや対応の悪さをうやむやにしようとしているように感じる。  

Mugen Wolf

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
今日は何の日  9月22日

*リンカーン、奴隷解放宣言(1862)
*会津若松城落城(1868)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

舛添発言波紋 後期医療制度見直し 

Cimg2834 舛添大臣が20日TBS番組で突然いかに良い制度でも国民に受け入れられなければ見直すべきだと発言し与党に波紋を投げかけている。官僚目線の町村官房長官は苦りきった表情をさらにゆがめて言いすぎだと不快感をあらわにした。

確かに根回し不足で、選挙狙いのスタンドプレーで、次期内閣入りのもくろみもあるのかも知れないが、大臣就任時には決められていた医療制度を職務として推進しているうちに自分でも見直すべきとすべきと感じるようになったに違いないと思う。

大臣の発言としては不適切な発言には違いないが事なかれ主義の議員が多い中自分の意思で発言したのは波紋を呼ぶ一石を投じたという意味はあったと思う。これを機にまた議論が白熱するだろう。

舛添大臣は先走りや、失言はあるがよくやっていると思う。  Mugen

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
今日は何の日  9月21日

中国、国都を「北京」と改称(1949)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

政権交代への流れ

Mino19日みのもんた朝ズバッで「総裁選は消化試合 5候補生出演」を放送した。すでに麻生総裁誕生が確実視されているせいかまったく緊張感に欠けるものであった。     みのもんたが鋭い良い質問をしていた。「小泉政権時に閣僚だった皆さんが今の問題山積の状況を作ったともいえる。いままた、世界的金融危機、食の信5nin_2頼をまったくなくしてしまった汚染米問題、組織ぐるみの年金データ改ざん問題、拉致問題・・・・などなどをほっとらかして冒頭解散をしてしまうのですか」と。

麻生氏は民主党しだいだが緊急経済対策のための補正予算を通した後で解散することになるだろうという。現政府の最低限の責任だろう。

振り返れば

文科省のゆとり教育失敗による顕著な学力低下、大分を代表とする教育委員会の荒廃

農水省の相次ぐ事務所費問題、さらに餃子問題、汚染米の問題での失態。

国交省の耐震偽装問題、居酒屋タクシーなど税金の無駄ずかい。

防衛省の守屋前事務次官の汚職問題、自衛官の自殺問題

外務省の進展しない拉致問題、竹島問題、尖閣諸島領土問題、東シナ海ガス田問題、

厚労省の年金問題、汚染米問題、医療制度崩壊、など

失政続きで、ここ十数年来、日本人として、国民として誇りにおもえる政策、頼もしく思える政策、信頼できる政府と感じたことがあっただろうか?

来る衆議院総選挙はこのまま自公政権を続けるか民主党に政権交代するかを国民に問う重要な選挙になる。

MugenWolf

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2008年9月19日 (金)

世界の金融危機対策 日本は?

News2 アメリカ、ブッシュ大統領は18日から株の空売り規制強化や日米欧中央銀行のドルを緊急供給を決めるなど全力で対応している。

イギリス、金融サービス機構(FSA)は19日、金融株のNews「空売り」を禁止した。金融危機を回避する目的で、異例の措置をとった。

ロシアは市場安定化のために2兆円の株買い支えを決めると同時にロシア中央銀行は主要銀行への貸し出し枠を2.5倍の4兆円に拡大した。

中国は銀行株の買い増しを投資会社に支持した。また中央人民銀行が16日に実施した利下げについて、景気減速が続けば2次、3次も検討するという。

各国が強い意志で金融危機対策を実施しているが、日本はというと、これまでも市場介入は金融経済の健全な発展を阻害するともっともらしい理屈でいわゆる知らん振りをしてきた。

今回も福田首相は投げ出して以来何もしようとしないし、茂木金融大臣もどこに行ったのか姿すら見せない。あまりにも受身で対応が無策だ。

何しろこの重要な時期に日銀副総裁の椅子も空席のままで嘆かわしい限りである。

Mugen

Wolf_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

橋下知事と学力テスト公表問題

Lcl0809172222006p2_2 橋下知事が「明るく笑顔あふれる大阪」を目指して教育日本一をビジョンの中に盛り込み重点推進しようとしている。

「僕は教育のためだけに知事になったようなものです」

やはり教育に尽きる。中学生の犯罪率がぶっちぎり(で高い)など、大阪の現象面での悪いデータは、教育でしか解決できないと思っている

と教育の重要性が本当に良くわかっているのだと思う。

今学力テスト公表問題で問題提起し、できるだけ多方面からの教育に取り組む雰囲気を醸成しようとしている。

文科省批判の抜粋-----------(写真、記事は産経ニュースより)

府教委は「都道府県教委に対し、市町村、学校名を明らかにした公表を行わないよう求めた文部科学省の実施要領を踏まえた」との判断について「文科省との取り決めがあるので仕方ない」と理解を示した。しかし「初めから市町村と文科省でやればよかった。権限も責任もない都道府県教委が都道府県別データだけ公表するのは、霞が関のくだらない制度設計だ」と、文科省を批判した。

「国民の意思はお構いなしだ。市町村別データ公表を序列化というなら、(民意を踏まえないような)文科省はいらない」と批判した。

                                                            Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

強まる政権交代の流れ

News総裁選も5人一緒に全国行脚をしているが、中盤戦にきて盛り上がりに欠けている。政策論争も貧弱で争点の違いがあまりなくどちらかというと衆議院選挙運動の様相を帯びている。

小泉劇場型選挙を意識してか人気取りと注目の喚起のためにやたらとはしゃいでいるが前回の反省からか覚めた眼で見ている国民が多い。

おりしも社保庁の組織ぐるみの年金改ざん問題もどこまでひどいのかと思わせるし、農水省の汚染米問題もその広がりは驚くべきもので対応も不真面目である。自殺者や接待疑惑や流通系経路公表などの問題が続出している。

これらは自公政権の失政と行き詰まりの結果にもかかわらず5人の候補者は人事のように新たな出直しを叫んでいる。

総裁選がジリ貧になるに伴い小沢一郎民主党に呼応して政権交代への流れが強くなってきた。

News2 国民新党との合併の動きのほか、茨城県医師会連盟が時期衆議院選挙では後期高齢者医療制度に反対して県内の7選挙区で民主党候補を推薦すると発表した。

ますます総裁選がかすみ、衆議院選挙の前哨戦として与野党対決が盛り上がりを見せて来そうだ。                 Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

小沢一郎、最後の戦い

総選挙に向けて小沢一郎の動きが活発になってきた。
・東京12区に国替えか?
・国民新党と合併か?
・収賄疑惑の久間元防衛大臣の長崎2区から薬害肝炎原告の福田
衣里子(27)さんを立候補へ
・有森祐子さんへ立候補の要請か?
前回の参議院選挙で圧勝した手腕を期待したい。たださくらパパのような数合わせの人選や、なりふり構わないやり方は避けて欲しい。
        Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

税金の無駄づかいをなくせ

総裁選では、財政問題で一様にまず無駄づかいは出来るだけカットをして、と言うが具体的な議論はない。
国交省の公用車費に於いて自由入札に変更したら1ヶ月に約6000万円削減出来たと言う。
07年度事務所費が総務省から発表された。2.4パーセント減の98億円で1993年以降最低だった。
これらの例は野党やメディアから追求されて仕方なく削減したもので、本当に削減しようと思ったらいくらでも出来る。
兆円単位の削減ができない限り安易に消費税の論議はしないで欲しい。        Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月14日 (日)

広がる汚染米問題点

毎日汚染米被害の拡大報道が続いていて、その内容に驚愕している。
総理の突然の辞任で命びろいしたかと思った太田農水大臣、農薬の濃度は低く人体に影響がないのでじたばたしない・・と言ったかなーと全く無責任な問題発言。資質がないので止めてもらうしかない。
また、白須事務次官、問題点を見ようとしないで責任があるとは思っていない、業者が悪いと言う無責任ぶり。
優秀な能力を持って官僚になったはずなのに、環境が悪いと、向いている方向が違うとこんなに堕落してしまうのかと思う。
長く続いた自公政権と官僚制度の末期症状である。
Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

熊本県川辺川ダム 知事が白紙撤回要求

熊本県川辺川ダム建設に知事が国交省に白紙撤回を申し入れた。
これまで地元の対立で42年も経過している。その他にも関西の淀川水系のダムや採算性が疑問視されている高速道路も多い。
しかし公共事業は一回計画されるとなぜやめられないのだろうか?
止めると体面が保てないと考えているのか、その時の担当者の責任になるのを恐れるからか、作ってしまえば後で責任を追求されることがないからか、
本当に国を思う気持ちが希薄で、小さな価値観に左右されていると言わざるをえない。
日経社説いわく、いっそのこと時間の過ぎた公共事業は白紙に戻したらどうか  賛成!無駄づかいが大幅に削減できる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

物足りない総裁選

Cimg2735 総裁選がスタートし、5候補が舌戦を繰り広げているが2日目にして底が見えた。

マスコミが同じ質問をするせいもあって、一様に目先の問題解決策を言うが皆大差ない。日本をどのように良くして行くのか、世界の中の日本の位置づけをどのようにしていくのかなどに対する長期ビジョンも見識もなさそうである。

目先に降りかかる火の粉を振り払うだけの政策になっておりこれでは誰が総裁になっても今までと変らないだろう。

民主党に政権が移ると明らかに何かが変る。民主党はまだ政権担当能力がないと言う意見も多い。確かにその可能性もなくはないがやらせてみる価値はあると思う。

今必要なのは変革である。   (写真はニュースステーション)              Mugen

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
今日は何の日  9月12日

新橋--横浜間に鉄道走る(1872)
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

三笠フーズの事故米の偽装販売

三笠フーズの事故米問題でまたもや食の信頼が地に落ちた。監督官庁の農水省の監督不行き届きの責任も重い。

それにしても                                         北海道ミートホープの牛肉偽装、秋田の比内鳥偽装、宮崎のうなぎ偽装、沖縄のマンゴー偽装、船場吉兆の食べ残し使いまわし、北海道白い恋人、伊勢の赤福の賞味期限偽装等など最近の食の安全を脅かす事件が後を立たない。

なぜ経営者のモラルがここまで低下してしまったのだろう。経営の苦しさゆえか、自分さえ良ければ、他人にわからなければという利己主義の蔓延からか、世の中は全てかね次第という金至上主義の蔓延からか?

食に限らず道徳観、倫理観の低下は嘆かわしい限りだ。適切な対策が打ち出せない限り今後も増え続けるだろう。もっとも重要な政治課題のひとつと思う。

                     Mugen ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
今日は何の日  9月11日

米国同時多発テロ事件(2001)
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

総裁選、教育的指導!?

山本一太議員と棚原議員は、慌てて出馬表明したかと思ったら、案の定大騒ぎをした後あっという間に出馬を取り消した、というか出来なかった。あまりに軽い行動に呆れてしまう。自民党のレベルが低下したということか。

出馬前に推薦人20人の確保ができるかどうかよく検討したのか?政治家に必要な状況判断能力に欠けるのか、先見性がないのか?

それとも分かっていて出馬したのなら売名行為と言われても仕方がない。名前を売ったから当初の目的を達成したというのか、総裁選をその程度にしか考えていないのか?

二人とも能力の片鱗は見えるのだから、重みのある政治家になるよう勉強してほしい。

                                  Mugen

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
今日は何の日

上杉謙信、武田信玄の川中島の戦い(1561)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

3選 小沢一郎に望むこと

Image060704_2  小沢一郎の民主党代表3選が決まった。発表された基本政策は一部消費税、安全保障などトーンしているもののその内容はすばらしく見える。

しかしすばらしいうたい文句の政策はこれまで自公政権でいやと言うほど聞いてきた。そのつど裏切られ続けられた結果、政治不信が募り、誰がやっても一緒という国民の発言になっている。

国民が今民主党に求めているのはその政策が本当に実現できそうだと実感できることである。そのためにいつも問われている財源を数値的に納得できるよう具体的に説明することである。

積み上げた結果必要なら消費税アップにも踏み込んでも良いと思う。選挙前になると聞こえの良いものばかりになるが本気度が本物なら国民は選挙用かそうでないかはわかる。

距離が感じられる、前原、野田グループにも遠ざけることなく、否近づいて挙党体制を作り上げて欲しい。

悲願の政権交代は目前だ。

                          Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月 8日 (月)

自民党総裁選と政権交代

自民党総裁選がドタバタ劇になってきた。まだ10日の告示日まで二転三転するだろうが誰が総裁になっても政権交代への流れは止められないだろう。

安倍、福田と二人も続けて政権を投げ出し、これで平成になって総理が13回も変った。さらに大臣はそれ以上のペースで変っている。とても持続できる政策や改革は望むべくもなく外交的にも信頼されないのは当然といえる。

自民党は年金問題、防衛問題、農水省事務所費問題、医療制度崩壊、公務員制度改革問題、行政改革 格差問題などなどあらゆる面で失態を繰り返しすでに限界が見えた。

民主党は無投票の代表選出で支持率が低迷しているが、今こそ大きな潮流を見据えこの政権交代のチャンスをものにしないと2度このような機会は巡ってこないだろう。

すなわち、来る総選挙に向け、財政の裏づけをはっきり示せるなど、マニフェストの完成度を高めておくこと事ができるか否かにかかっている。 

                           Mugen

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
今日は何の日

吉田茂全権大使がサンフランシスコ対日講和条約と日米安全保障条約に調印(1951)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

頑張れ 橋下大阪府知事

20080903oog00m010006000p_size6橋下大阪府知事が過激発言、問題行動で物議をかもしながらも大阪府改革に取り組んでいる。ぬるま湯公務員にはいい刺激になる。

責任はとらない、難題は避ける、事なかれ主義、周りの様子を見てから決める、自分のことしか考えないなどの国会議員、官僚が多い現在の日本において、自分の信念に基づいて目標に向け行動できることは評価に値する。。

大阪で成果があがると間違いなく日本が変る(国政が変る)きっかけになる。是非頑張って欲しい。メディも勿論是々非々で結構だが揚げ足取りやレベルの低い報道はやめて欲しい。要は改革ができるか、変えることができるかどうかである。

最近のニュース

9/7 廃止方針の府立文学館の仕事ぶりを隠し撮りでチェック「何の努力の形跡も見当たらない。

9/7 ラジオで「学力調査公開問題」に関して「くそ教育委員会」発言。

9/6 府教委解散、PTA解体・・・橋下知事が相次ぎ過激発言

9/5 学力テスト低迷大阪府 橋下知事が「教育非常事態宣言」

9/4 橋下知事 空港問題で「伊丹が邪魔」発言

9/4 「百ます計算」の陰山氏に府教育委員を要請

9/1 政務調査費の返還求め14人提訴へ

過激発言、行動によって相手を怒らせ本気にさせ、かつ府民にも問題点を明らかにしていこうとする手法が透けて見える。

これらの問題はとりもなおさず日本全体の問題だ。

                         Mugen

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年9月 6日 (土)

乱立、総裁選新たに3人立候補

 

5日新たに3人が、慌てて立候補を表明し7人の候補者になった。

山本一太・・・・前外務副大臣、安倍さんの応援歌を歌うなどメディアに露出しやたらと目立つ行動をする。よく喋り捲るがしゃべりも行動も軽石のように軽い。ただ国会議員の定数半減には賛成

棚橋元科学技術大臣・・・45歳最年少候補若手議員を集めて世代交代を主張。顔も名前も売れていない。

石破元防衛大臣・・・・防衛オタク。安全保障政策に関しては一家言もつが、いかんせん顔が悪い。目つきは小池百合子も悪いが国の代表として国際舞台に出しにくい。

今回の総裁選で誰とは言わないが将来のために顔と名前を売っておきたい候補が見受けられる。山本氏、棚橋氏は推薦人の確保も困難な情勢だ。

民主党はいま自民党総裁選で埋没している。前にも言ったが代表選を行い党を強く国民にアピールすべきであった。

誰が本当に日本のことを考えているか、正しい判断ができるか、何よりもそれを実行できる胆力を持っているかを良く見ていきたい。

写真はサタデーずばッとより                     Mugen

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
今日は何の日

田村亮子(柔道選手1975)
社会党委員長公選で土井たか子当選。初の女性党首(1986)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

守屋前次官に3年6月求刑

検察は防衛汚職で国民の信頼を失墜させたとして懲役3年6月、追徴金1250万円を求刑した。

当時疑惑の久間元防衛大臣は証人喚問から病院入院で免れた。

耐震偽装問題ではヒューザーの小嶋社長を国交省に仲介した伊藤公介議員も証人喚問を免れている。

来る総選挙ではこれらの問題議員をよく思い出して投票に臨もう。

画像は報道ステーションより                 Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刻々と変化する総裁選 与謝野氏立候補

Yo 与謝野馨経済財政大臣が4日中曽根元総理を尋ね正式に立候補を表明した。これまで消極的な態度であったのと喉頭がんのこともあり出馬を疑問視していたが一命を賭す覚悟を感じる。

与謝野馨は政策通で財政再建派の筆頭。積極財政派の麻生太郎と対峙しての論戦が期待できそう。実力、安定感があり自民党内でも支持者が多い。

小池百合子は20名の推薦には集めたようだがバックの中川氏が森元総理から苦言を呈されていることもあり、伸び悩み。それにして目立つ持論もなく難題や外圧に遭遇するとキャー、イヤーンとすぐにでも投げ出しそう。

谷垣国交大臣、黙っているが何を考えているのか?慾はかなり強いはづ、結局立候補するのではないか?もししないとなると古賀派が与謝野支持に回る可能性があり与謝野馨が一気に対抗馬に躍り出て選挙戦が白熱化しそう。

与謝野馨・・・与謝野鉄幹、晶子夫妻の孫、東大法学部卒

 写真はNHK日曜討論出演時                   Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

私のしごと館 いよいよ廃止か

Top_title2_2  3日政府の有識者会議で雇用・能力開発機構の解体を決めた。しかし肝心の福田総理が辞めてしまったのでその実現は不透明。

同様にガソリンの特定財源が一般財源化することが決まっているが、道路族議員、官僚共々うやむやにすることを画策するに違いない。監視の目はゆるめてはならない。

                                 Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

自民党総裁選挙

10日告示、22日投票で決まった。麻生太郎、小池百合子(上げ潮派中川グループ)、派閥横断の第3の候補(石原伸晃か?)の三つ巴の様相を帯びてきた。

それにしても日本の総理大臣はと探してみると本当に人材がいない。今の激動の国際社会に日本の国益を考えて世界にものの言えるリーダーがいないと日本の国力(競争力、経済力、学力などなど)はますます低下の一途をたどるだろう。グローバルな視点の中曽根元総理の見解を聞いてみたい。

候補といえば前回立候補した谷垣国交大臣のの去就が聞こえてこないがどうなっているのだろう。

安倍元総理、参議院選挙で負けたときに潔く責任を取って辞めていたら今回再登板できただろう。残念! 男の引き際は大事だね~。

森元総理はなかなか自分の思うようにならなくなったなーと思いながら夜な夜な携帯電話を持って徘徊しているに違いない。             Mugen

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今日は何の日    1977 王貞治  756号ホームラン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

ポスト福田 自民党総裁は誰に

麻生太郎・・・・本命、2馬身リード 閣僚経験豊富、地方、若者にも人気で総裁選3度目の正直になるか。

小池百合子・・・・改革派から擁立が取りざたされているが安易な擁立はやめて欲しい。政党渡り鳥、防衛大臣就任時の勘違い先走り行動を考えると危うさを感じる。姫井議員に似た匂いがする。

中川秀直元幹事長・・・・いろいろ過去に問題もあるが改革派からなら中川氏のほうが良い。幹事長時代から押しの強さを感じる。

野田聖子・・・・古賀氏がバックについているが自民党離党のブランクがあるので時期早尚か、早くから女性総理1号の呼び声も高かったので次の次を考えた出馬もありか

石原伸晃・・・・将来を考え山崎派に入った。あまりの早い機会に戸惑いがあると思うが若手を取りまとめればダークホース。

いずれにしても国民不在が続いている。国民の信を問う解散総選挙を早期に実施すべきだ。

(太田農水大臣、ドサクサに紛れ密かにほっとしているかな・・ヒヒヒ)     Mugen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

嗚呼、福田総理突然辞任表明!?

Cimg2730 福田総理突然辞任表明した。内閣改造したばかりなのに無責任極まりない。

2世議員の弱さか、総理大臣に一度なってみたかったのでなっては見たものの八方塞でとても乗り切れない。野党はさることながら身内からの圧力にも耐え切れない。投げ出してしまおうといったところか。

安倍前総理に引き続き唐突なやめ方で自民党政権も末期的で限界が見えてしまった。

世界的景気減速で問題山積の重要な時期での日本の政治はは世界からまったく理解されず笑いものになってしまうだろう、情けない限りだ。

無理して善意に解釈すると、いよいよ政権交代、2大政党時代への扉が開いたのかもしれない。その意味でも民主党は長年の悲願であった政権交代が目前に迫ったのだから小異を抑えて一致団結すべきだろう。内輪もめは政権をとってからやればよい。

小沢一郎、大きなリーダーシップを発揮して命を懸けてやって欲しい

                            Mugen

~~~~~~~~~~~~~~~

今日は何の日

1923年 午前11時58分関東大震災

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »