« 小沢一郎、最後の戦い | トップページ | 橋下知事と学力テスト公表問題 »

2008年9月17日 (水)

強まる政権交代の流れ

News総裁選も5人一緒に全国行脚をしているが、中盤戦にきて盛り上がりに欠けている。政策論争も貧弱で争点の違いがあまりなくどちらかというと衆議院選挙運動の様相を帯びている。

小泉劇場型選挙を意識してか人気取りと注目の喚起のためにやたらとはしゃいでいるが前回の反省からか覚めた眼で見ている国民が多い。

おりしも社保庁の組織ぐるみの年金改ざん問題もどこまでひどいのかと思わせるし、農水省の汚染米問題もその広がりは驚くべきもので対応も不真面目である。自殺者や接待疑惑や流通系経路公表などの問題が続出している。

これらは自公政権の失政と行き詰まりの結果にもかかわらず5人の候補者は人事のように新たな出直しを叫んでいる。

総裁選がジリ貧になるに伴い小沢一郎民主党に呼応して政権交代への流れが強くなってきた。

News2 国民新党との合併の動きのほか、茨城県医師会連盟が時期衆議院選挙では後期高齢者医療制度に反対して県内の7選挙区で民主党候補を推薦すると発表した。

ますます総裁選がかすみ、衆議院選挙の前哨戦として与野党対決が盛り上がりを見せて来そうだ。                 Mugen

|

« 小沢一郎、最後の戦い | トップページ | 橋下知事と学力テスト公表問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/42511045

この記事へのトラックバック一覧です: 強まる政権交代の流れ:

« 小沢一郎、最後の戦い | トップページ | 橋下知事と学力テスト公表問題 »