« 政権交代への流れ | トップページ | 太田農水大臣辞任と白須事務次官の更迭の疑問 »

2008年9月21日 (日)

舛添発言波紋 後期医療制度見直し 

Cimg2834 舛添大臣が20日TBS番組で突然いかに良い制度でも国民に受け入れられなければ見直すべきだと発言し与党に波紋を投げかけている。官僚目線の町村官房長官は苦りきった表情をさらにゆがめて言いすぎだと不快感をあらわにした。

確かに根回し不足で、選挙狙いのスタンドプレーで、次期内閣入りのもくろみもあるのかも知れないが、大臣就任時には決められていた医療制度を職務として推進しているうちに自分でも見直すべきとすべきと感じるようになったに違いないと思う。

大臣の発言としては不適切な発言には違いないが事なかれ主義の議員が多い中自分の意思で発言したのは波紋を呼ぶ一石を投じたという意味はあったと思う。これを機にまた議論が白熱するだろう。

舛添大臣は先走りや、失言はあるがよくやっていると思う。  Mugen

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
今日は何の日  9月21日

中国、国都を「北京」と改称(1949)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

|

« 政権交代への流れ | トップページ | 太田農水大臣辞任と白須事務次官の更迭の疑問 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/42549416

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添発言波紋 後期医療制度見直し :

« 政権交代への流れ | トップページ | 太田農水大臣辞任と白須事務次官の更迭の疑問 »