« 物足りない総裁選 | トップページ | 広がる汚染米問題点 »

2008年9月13日 (土)

熊本県川辺川ダム 知事が白紙撤回要求

熊本県川辺川ダム建設に知事が国交省に白紙撤回を申し入れた。
これまで地元の対立で42年も経過している。その他にも関西の淀川水系のダムや採算性が疑問視されている高速道路も多い。
しかし公共事業は一回計画されるとなぜやめられないのだろうか?
止めると体面が保てないと考えているのか、その時の担当者の責任になるのを恐れるからか、作ってしまえば後で責任を追求されることがないからか、
本当に国を思う気持ちが希薄で、小さな価値観に左右されていると言わざるをえない。
日経社説いわく、いっそのこと時間の過ぎた公共事業は白紙に戻したらどうか  賛成!無駄づかいが大幅に削減できる!

|

« 物足りない総裁選 | トップページ | 広がる汚染米問題点 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/42455941

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本県川辺川ダム 知事が白紙撤回要求:

« 物足りない総裁選 | トップページ | 広がる汚染米問題点 »