« 今、政治が面白いー政権交代への流れ加速 | トップページ | 橋下大阪府知事が日本の政治を変える。 »

2008年9月28日 (日)

一流であって欲しかった小泉純一郎

小泉純一郎が引退することを正式表明した。

「総理在任中でやれることは全てやってしまった。このまま続けても今まで以上に活躍できないのでやめる。」と言う理由だが、今まで一流の政治家と思っていたからそうですかご苦労様でした、と認めるわけにはいかない。

国を思い、国を良くしたいと大きな志で政治家を目指したのなら在任中の改革はまだ道半ばのはづ。現に少なくとも小泉改革はその影が薄くなりつつあり、副作用や後遺症が出たままである。

それでもやり尽くしたというのは自己に酔っているだけで結局は地位を世襲させるタイミングがやめる最大の理由だった事になる。

子供に継がせたいというのは人の親として認めることができるが、獅子は千尋の谷にわが子を落とすと言うように、少なくとも他の議員のもとで勉強させるとか、別の選挙区から立候補させるという手段をとるべきだと思う。それで這い上がってこれないのは必要とされていないと言うことである。

「死ぬまで政治活動を続けていきたい」と言っているので今後を見守りたい。

中曽根康弘元総理は一流の政治家である。若いころは、風見鶏と批判されていたが今までの政治スタンスは一貫している。小泉純一郎に老害と追い出されたときには政治テロと激昂したがすぐに平静に戻り、グローバルな見地から、歴史的見地から、将来を見据え国を良くする為の提言と政治活動を続けている。

Wolf Mugen

|

« 今、政治が面白いー政権交代への流れ加速 | トップページ | 橋下大阪府知事が日本の政治を変える。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/42627312

この記事へのトラックバック一覧です: 一流であって欲しかった小泉純一郎:

« 今、政治が面白いー政権交代への流れ加速 | トップページ | 橋下大阪府知事が日本の政治を変える。 »