« ブッシュ大統領 北朝鮮のテロ指定解除 | トップページ | 与党の泥縄式政治手法 赤字国債発行に言及 »

2008年10月13日 (月)

麻生太郎、小沢一郎 党首のあり様

麻生太郎総理は4度目の挑戦でやっと念願の総理に就任して喜びを押し殺しているに違いない。しかし報道されたように休日にはゴルフの練習、夜は銀座で毎夜の飲食。さらにいままではなった天皇陛下、皇后陛下との会食までしている。

いまは、そんなことをしている場合ではない情勢なのにいかにも坊ちゃんらしい危機感のなさである。

国会答弁では準備が不十分で勉強不足の勘違いや、あいまい答弁が続出の有様で底の浅さを露呈してしまった。

北朝鮮のテロ解除にしてもブッシュから解除の直前に電話で連絡を受けたが何の反発もできず、やむを得ず理解を示して無視されていることに目をつぶっている。

経済対策が優先で選挙どころではないと言う理由で解散を先延ばしにしているが早く国民の信を問い本格政権を目指すべきである。

一方、小沢一郎民主党代表は政権交代のみを前面に押し出しすぎているため支持が盛り上がらない。自らが提唱した党首討論も積極的に行うべきである。口下手でもかまわない、要は主張の内容が説得力を持つ。

麻生総理の解散がおぼつかなくなると解散をあせるあまり主義主張をまげてテロ特措法まで無条件で承認する有様。

自民党を上回る準備を進めてきた自信があるはずだから、泰然自若として国益を考えた行動で時期をまてば良いのである。世界経済危機の中、政局優先が際立つと無党派層の気持ちは離れてしまう。

MugeWolfn

|

« ブッシュ大統領 北朝鮮のテロ指定解除 | トップページ | 与党の泥縄式政治手法 赤字国債発行に言及 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生太郎、小沢一郎 党首のあり様:

« ブッシュ大統領 北朝鮮のテロ指定解除 | トップページ | 与党の泥縄式政治手法 赤字国債発行に言及 »