« 橋下知事、私学助成金で高校生と激論 | トップページ | アメリカの大統領選挙 »

2008年10月25日 (土)

民主党 小沢一郎代表殿

政権交代戦も第4コーナーを回りいよいよ最後の追い込みに入りました。お疲れで体調不十分とは思いますが政権交代を実現すべく頑張って欲しい。

しかしいまの小沢代表は解散を意識しすぎて対決路線を軟化するなど少し焦りが感じられます。

麻生総理が政局よりは経済対策を優先と解散の引き伸ばしを画策しているのに対し、野党の党首として、経済危機の中「政権交代を最優先する」と経済政策は二の次印象を与えるのは良くありません。

また政権交代が最も有効な経済対策ということはよく理解していますが、「インド首相との会談を休み選挙区回りを優先した」と与党に非難されるような話題は今の時期イメージダウンになりよくありません。

選挙対策は前回の参院選で示した実績のように自信があり与党より準備が整っていると思いますが麻生対小沢の支持率では遅れをとっているのも事実なのでイメージを大切に正攻法で望んで欲しい。

MugenWolf

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
今日は何の日  10月25日

「君が代」完成 (1880)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

|

« 橋下知事、私学助成金で高校生と激論 | トップページ | アメリカの大統領選挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党 小沢一郎代表殿:

« 橋下知事、私学助成金で高校生と激論 | トップページ | アメリカの大統領選挙 »