« 公明党の政教分離問題 | トップページ | 保守系政策グループ 平沼赳夫 »

2008年10月17日 (金)

国土交通省の公用車削減

公用車削減問題で国土交通省は16日,年間25億円の削減を発表した。

内訳は●公用車の全体の4割に当たる1600台を処分するか安い車両に買い換える、●運行業務委託の台数を半分の1300台に減らす、と言うもの。

公明党の太田昭宏代表は16日午前、河村建夫官房長官に全省庁でのタクシー券全廃を提案したがなぜ公用車の削減が全省庁で行われないのか理解できない。

自民党はマッサージ機、ゴルフボールなど、いつも枝葉の指摘されたもののみを改善すると言うスタンスはとても本当に無駄遣いをなくそうと思っていると思えない。

Image17058 衆議院議員宿舎であれだけ無駄をいわれたが多分参議院議員宿舎もそのまま建設計画が進んでいるのではないかと思う。

なぜか特権意識を持つ国会議員が多いが、民主党の河村たかし議員がいうように国会議員は庶民感覚でボランティア精神を持てば無駄はいくらでも削減できる。

Mugen

|

« 公明党の政教分離問題 | トップページ | 保守系政策グループ 平沼赳夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国土交通省の公用車削減:

« 公明党の政教分離問題 | トップページ | 保守系政策グループ 平沼赳夫 »