« 拉致問題の行方 中山恭子氏インタビュー | トップページ | 世界金融危機に日本の対応は? »

2008年10月 6日 (月)

迷走、麻生政権

麻生総理の衆議院解散が遠のく気配が濃厚になってきた。鳴り物入りの総裁選も茶番に終わり支持率のご祝儀アップも見られなく自民党独自の調査でも敗色濃厚のためだ。

補正予算も通してすぐにでも解散すべきである。今になって政治空白は作るべきでないと言うが支持率がよければすぐにでも解散するつもりだったし政治空白はすでに長きに渡っている。

政権交代を恐れるあまり一貫性のない継ぎはぎ政治はお断りだ。

青山繁治さんの麻生政権解説ビデオ参照             Mugen

|

« 拉致問題の行方 中山恭子氏インタビュー | トップページ | 世界金融危機に日本の対応は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷走、麻生政権:

« 拉致問題の行方 中山恭子氏インタビュー | トップページ | 世界金融危機に日本の対応は? »