« 田中康夫の代表質問 | トップページ | 中山恭子氏単独インタビュー 2 »

2008年10月 4日 (土)

東国原知事、衆院選出馬はまだ早い

Higasi中山前国交大臣の次期衆院選の不出馬に伴い東国原知事が出馬に色気を見せているが宮崎県知事になって2年もならない。まだ県政に全力を傾注すべきときである。

鳴り物入りで県知事に当選したしてから宮崎県を”どげんかせにゃいかん”と財政再建や宮崎県セールスマンとして一躍有名になり賞賛された。お笑い界に縁を切り政治改革に打ち込む姿に大いに期待し、2期知事を務め宮崎県の将来に道筋をつけてからは、国政に進出して新風を吹き込んで欲しいと思っていた。

しかし最近の彼のテレビ出演しかもバラエティなどの出演機会の多さをを見るに付け初心を忘れたのか、やはりお笑い界から離別できないのかと思う。

宮崎をどげんかねにゃいかんためにはやらねばならないことが山ほどあるはず、時間がいくらあっても足りないはず、と思う。

自民党から勧誘があると思うがとんでもないまだ宮崎県にやることが山積していると断れば政治に対して本気だ評価したい 。

いま国会議員になっても単なる人気取り、数合わせ議員で終わってしまう。宮崎県民のためにも地方の代表としてもしっかり実績を残し力をつけて欲しい。おのずと国会議員の道が開けていると思う。     写真は産経ニュースより

Mugen

|

« 田中康夫の代表質問 | トップページ | 中山恭子氏単独インタビュー 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東国原知事、衆院選出馬はまだ早い:

« 田中康夫の代表質問 | トップページ | 中山恭子氏単独インタビュー 2 »