« 日本の医療崩壊 | トップページ | 橋下知事、私学助成金で高校生と激論 »

2008年10月23日 (木)

麻生首相の思惑

Aso安倍総理、福田総理とバッテン続きの後だけに後は上がるだけしかない好位置からのスタート。それでもご祝儀の支持率も上がらず臨時国会冒頭解散もできず少しあせったが、死ぬほどなりたかった総理の椅子が心地よく、非難を承知で毎夜のホテルのバー通い。

幸いにも(総理の内心)サブプライムローンに端を発する世界恐慌の兆し。経済対策最優先と持論をぶち上げ解散の引き伸ばしをちらつかせている。、民主党をすっかり骨抜きにし懸案事案(補正予算、テロ特措法、日銀副総裁人事等)を次々と成立させ、追加経済対策まで取り掛かっている。もともとお坊ちゃん育ちで国民のことは(本音では)あまり気にならないので不景気さま様と言った心境だろう。

追加経済対策の財源では、民主党の埋蔵金を非難していたがちゃっかりお株を奪って埋蔵金を使うと言う。

外交面でも積極的で首脳会議には選挙中でも参加する心意気。22日の日印首脳会談では米、豪に続いて安全協力の相手を印を位置づけ中国を意識した対印関係は麻生首相の新しい芽として」評価されるだろう。

豚もおだてりゃ木に登るではないがここまでは麻生総理としてはかなり得点を稼いだのでこのまま続けたい気持ちもあるのではないか?

問題の総裁選の時期だが来年に持ち越し案も浮上しているようだが、民主党の反撃も予想されるし、公明党からの突き上げもあるのでやはり11月30日選挙が有力だろう。

Mugen

|

« 日本の医療崩壊 | トップページ | 橋下知事、私学助成金で高校生と激論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント


『椿事件』

1993年9月21日、民間放送連盟の「放送番組調査会」の会合の中で、
テレビ朝日報道局長の椿貞良が、選挙時の局の報道姿勢に関して

「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。
今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、
なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる
手助けになるような報道をしようではないか」

との方針で局内をまとめた、という趣旨の発言を行う。

(ウィキペディア「椿事件」)

投稿: | 2008年10月24日 (金) 07時51分

 麻生総理は、本当に庶民の感覚の解らない方ですね。
 「ホテルのバーは安い」と開き直り。
 毎夜バーに通うなんてことは、多く国民には出来ません。不景気で国民が苦しんでいる時に平気でバー通い出来る感覚を疑います。

投稿: ふる | 2008年10月24日 (金) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/42884607

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生首相の思惑:

» 【東アジア】「韓日連帯で中国とのバランスを取るべき」イアン鐔ゥ屮襯淹 [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1224669749/ [続きを読む]

受信: 2008年10月24日 (金) 00時58分

« 日本の医療崩壊 | トップページ | 橋下知事、私学助成金で高校生と激論 »