« 期待はずれの党首討論 | トップページ | 麻生内閣支持率急落 »

2008年11月30日 (日)

雇用・能力開発機構の存続論争・・国民不在の政治

Amari茂木前 行革大臣が福田首相時代に廃止を決めた雇用・能力開発機構をまた厚労省が復活を蒸し返し論議を呼んでいる。

前総理の決定を無視して後戻りをするという日本の政治はどうなっているのだろう。そもそも雇用能力開発機構は元渡辺大臣の言うように、天下り、無駄のシンボルだったはずだ。

どこまでも官僚のなし崩し的な骨抜き行動を抑制できない大臣は飾りといわれても仕方ない。

舛添大臣も官僚を使いこなすといった麻生総理も何の発言もしないで知らない振りをしている。

こともあろうに甘利行革大臣は有識者会議の結論や国民の意向を無視して一部存続させるという厚労省と機構側に歩み寄る姿勢を打ち出している。

全くどこを見て政治をやっているのだろう。これでは国民の政治不信は募るばかりだ。

Mugen

|

« 期待はずれの党首討論 | トップページ | 麻生内閣支持率急落 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/43278052

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用・能力開発機構の存続論争・・国民不在の政治:

« 期待はずれの党首討論 | トップページ | 麻生内閣支持率急落 »