« 小沢一郎の憂鬱 | トップページ | 麻生太郎の経済政策は無知による政治的良心の欠如 »

2008年11月17日 (月)

党首会談不調で波乱が起きるか?

Kaidan 民主党の申し入れで急遽党首会談が開かれた。

「景気対策関連の2次補正を今国会に提出すべきだ」と言う小沢代表に対して「補正を出せるように努力している最中だ』とお茶を濁し会談は不調に終わった。

景気対策優先にと言う麻生首相の頭には、すでに年末の資金繰りに苦しむ中小、零細企業のことはきえてしまって、思惑違いの支持率低下や党内の不協和音のことで占められるようになっているようだ。

しかし小沢民主党も、選挙モードは息切れし要求が入れらそうもないため、強硬路線に転換し18日の審議拒否も辞さない構えを見せている。

与党は、第2次補正予算は今国会での延長審議は避け、来年1月の通常国会に提出する予定だったが民主党の対応しだいでは延長せざるを得ないと準備を始めた。

一転国会は波乱含みの様相を帯びてきた。

Mugen

|

« 小沢一郎の憂鬱 | トップページ | 麻生太郎の経済政策は無知による政治的良心の欠如 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/43147582

この記事へのトラックバック一覧です: 党首会談不調で波乱が起きるか?:

» 麻生首相と小沢民主党代表 初の党首会談で審議拒否に [ハズレ社会人]
オツカレです。 なぜ追加経済対策の財源となる2次補正予算案を提出しないのか。 [17日 日経]首相、小沢氏と初の党首会談 民主、審議拒否も  麻生太郎首相(自民党総裁)と小沢一郎民主党代表が17日、首相官邸で初の党首会談に臨んだ。小沢氏は追加経済対策の財源... [続きを読む]

受信: 2008年11月18日 (火) 14時16分

« 小沢一郎の憂鬱 | トップページ | 麻生太郎の経済政策は無知による政治的良心の欠如 »