« 公明党 高木陽介議員に問う | トップページ | 麻生太郎のポスター »

2008年11月26日 (水)

道路需要の将来推計を下方修正

国交省は道路需要の将来推計を下方修正した。

これまで交通量は2020年まで増加する予測であったが、少子化、若者の車離れ、軽自動車の増加などが要因で2005年からすでに下降している可能性があるらしい。

現在の道路整備計画は10年で59兆円というものであったが必然的に圧縮されねばならない。

いままで政府の予測はことごとく外れてきたというか都合の良い予測をする傾向があったがこの機会にシビアに見た予測の下に本当に必要な道路と優先順位を決める基準を策News4003366_1定すべきだ。

すでに道路族は命の道路とか、生活道路とか、予算枠を決めないで必要な道路は作らねばならないと言い出しているが全く全体を見ない、現状を客観視しない身勝手な発言だ。

Mugen

|

« 公明党 高木陽介議員に問う | トップページ | 麻生太郎のポスター »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/43236769

この記事へのトラックバック一覧です: 道路需要の将来推計を下方修正:

« 公明党 高木陽介議員に問う | トップページ | 麻生太郎のポスター »