« 雇用・能力開発機構の存続論争・・国民不在の政治 | トップページ | 橋下知事、大阪府民討論会 »

2008年12月 1日 (月)

麻生内閣支持率急落

日経新聞調べによると麻生内閣の支持率が31%に急落し危険水域に入った。不支持は倍の62%にも達した。

不支持の理由は

1.安定感がない 44%

2.指導力がない 42%

3.政策が悪い 39%

4.人柄が信頼できない 39%

5.自民党政権だから 15%      と全くいいとこなしである。

麻生首相は第一次経済対策でいまは足りているというとぼけた認識でこの時期に岩手に遊説するという能天気さ。遊説すると人気があると勘違いして気分がいいのだろう。

渡辺一郎を中心とする自民党内の若手、中堅グループの批判もさらにエスカレートし麻生内閣は全く求心力をなくすだろう。

2ヶ月ちょっとでこの支持率は早く総理を辞めろという国民の意思表示といえる。

MugenWolf

|

« 雇用・能力開発機構の存続論争・・国民不在の政治 | トップページ | 橋下知事、大阪府民討論会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生内閣支持率急落:

« 雇用・能力開発機構の存続論争・・国民不在の政治 | トップページ | 橋下知事、大阪府民討論会 »