« 麻生太郎は早くやめろ! | トップページ | ソマリア沖海賊対策への日本の対応 »

2008年12月27日 (土)

次の衆院選で落選させたい議員 甘利明行革大臣

選挙区 神奈川県13区

立候補予定者 橘秀徳   39 [元]衆議員秘書    民   新
         近藤知昭  59 介護専門員       共   新

Int_amari_akira 彼は今回の行政改革の担当大臣でありながら国益に反する決定をした罪は大きい。

●国交省、農水省の出先機関を廃止するはずがあっという間に 廃止から 統廃合へと 官僚によって 骨抜きにされた

●渡辺元行革担当大臣が頑張って独立行政法人の廃止へ方向付けしたのにいとも簡単に無視し、雇用能力開発機構も統廃合で改革を逆行させた。無駄ずかいの象徴の天下りも 渡りも残してしまった。12兆円超の税金の無駄ずかいの廃止も望むべくもない。

過去の行動についても問題が多い。

消費者金融のグレーゾーン金利問題時には廃止に反対した。多額の献金を受けていたからだろう。

また労働大臣時には労働者派遣の規制緩和を陳情していた人材派遣会社12社から献金を受けていたし道路特定財源を資金源とする道路運送経営研究会からも献金を受けている。

事務所費問題では高額の事務所比を計上し処理法も疑問視された。

一貫して民意から乖離した自己中心的な利権の匂いのする人間は国民の代表として議員にふさわしくない。

選挙区民は選挙の際は十分彼の行動をチェックして投票するよう望みたい。

Mugen

|

« 麻生太郎は早くやめろ! | トップページ | ソマリア沖海賊対策への日本の対応 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/43545807

この記事へのトラックバック一覧です: 次の衆院選で落選させたい議員 甘利明行革大臣:

« 麻生太郎は早くやめろ! | トップページ | ソマリア沖海賊対策への日本の対応 »