« ソマリア沖海賊対策への日本の対応 | トップページ | 2008年を振り返って »

2008年12月29日 (月)

政界再編の動き YKKK

YKKK、自民党の山崎拓、加藤紘一、民主党の管直人、国民新党の亀井静香が民法テレビにそろって出演したことから政界再編に新たな動きが出てきた。

麻生政権の支持率が下がったが、かといって民主党に託すという機運も盛り上がりにかけている。

自民党もダメ、民主党もダメということで新しい日本作りにはYKKKが中心になって政界再編を主導したいというところか。

次期衆院選では自民党が民主党に破れ民主党小沢政権が誕生すると思うが小沢一郎も健康その他の理由で長く続かないと予測される。

政権再編の動きとして中川秀直元自民党幹事長、渡辺善美グループ、

民主党の前原誠司、野田佳彦、枝野幸夫グループ、民主党鳩由紀夫、自民党の与謝野馨の大連立等が考えられるがいずれにしても大転換の流れが強くなりつつある。

|

« ソマリア沖海賊対策への日本の対応 | トップページ | 2008年を振り返って »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 来年は、国民にとって大切な選択の歳です。どんなに遅くとも9月の総選挙は間違いありません。国民が選択をする上で多様な政策、多様な政治グループが意見を闘わせることは、望ましいことだと思います。政界再編の動きは、大いに歓迎です。

投稿: ふる | 2008年12月30日 (火) 15時04分

spadeふるさん
とにかく今の状態が続くことは不幸です。来年はよい変革を期待したいものです。

投稿: Mugen | 2008年12月30日 (火) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/43569548

この記事へのトラックバック一覧です: 政界再編の動き YKKK:

« ソマリア沖海賊対策への日本の対応 | トップページ | 2008年を振り返って »