« 2009年のせんたく ”地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合 | トップページ | 麻生首相の年頭会見 »

2009年1月 3日 (土)

小沢一郎 政権奪取の意欲 2日連続ネット番組出演

Tky200901020013 民主党の小沢代表は31日に続き1日、若者向けインターネット動画番組に生出演し、「(今年の総選挙は)民主主義を確立する最大のチャンス。

政治が悪い。じゃあ、なぜ国民が自分たちで変えなかったのか。変えるのが民主主義だ。やけになって、どうでもいいやではいけない」と訴え、投票行動を通じて政権交代を実現するよう呼びかけた。

 天下り禁止については「特殊法人、独立行政法人、公益法人などを廃止・民営化する法案を出す。徹底的にやる」と強調。一方で英国の年金制度を例に「公務員には現職の時の収入の7割ぐらいを(国が)出している。(天下りで)無駄金を使うことと比べたらはるかに安い。それなりの保証もきちっとしないといけない」と述べ、新たな公務員の身分保障制度創設にも言及した。

小沢一郎は次期衆院選にかける並々ならぬ強い意欲を表している。

小沢一郎の衆院戦の準備は参院選で勝利した直後から始まっており、郵便局関係、医者関係の首脳回りをはじめ地方遊説、立候補者選びと着々と準備を進め、最近は総仕上げとして若者向けにインターネット番組に出演し政権交代を呼びかけている。

小沢一郎は今年は正月に議員たちを私邸に呼んで行う新年会も中止しており全党挙げての臨戦体制を指示している。

長期にわたる自民党政権は政権担当能力を失い、今年はチェンジを望む国民により政権交代の年になることを強く望みたい。

Mugen

|

« 2009年のせんたく ”地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合 | トップページ | 麻生首相の年頭会見 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/43626210

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎 政権奪取の意欲 2日連続ネット番組出演:

« 2009年のせんたく ”地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合 | トップページ | 麻生首相の年頭会見 »