« 内閣支持率 危機的な10%台に低下 | トップページ | 今年は「やっと政治が変る」 江田けんじの直言 »

2009年1月13日 (火)

松浪政務官辞任 第2次補正予算案採決を棄権 

20090113at64b 松浪健太内閣府政務官(自民)は13日夜、衆院本会議で行われた第2次補正予算案の採決を棄権し、その後政務官の辞表を提出し受理された。

造反の理由は、定額給付金に反対で自民党を離党する考えはないという。

彼のケンタブログ「政務官日記」にはPM11:00現在アクセス数が2300件(昨日33件)と急増していて、国民は意志のある政治家への関心が高いことが伺える。

定額給付金や、解散時期等を批判する自民党員も多く不満が渦巻いているようだが、

小泉チルドレンたちはなぜ黙ったままなのだろうか?自分の志なり主張、意見を世に問うことが今必要で、今後の政治生命を左右すると思う。

彼らの大半は次期総選挙で落選が予想されているのに、このまま泥舟麻生丸とともに海の藻屑と消えてしまうのだろうか?

政治家は渡辺善美議員の言うように国を良くする為に何が出来るか、何をなすべきかを考えて行動すべきと思う。

自民党は造反の松浪議員の処分をどうするのか、また麻生政権が崩れる兆候が今後どのように現れるのか興味深いところだ。(写真は産経ニュースより)

Mugen

|

« 内閣支持率 危機的な10%台に低下 | トップページ | 今年は「やっと政治が変る」 江田けんじの直言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/43734063

この記事へのトラックバック一覧です: 松浪政務官辞任 第2次補正予算案採決を棄権 :

« 内閣支持率 危機的な10%台に低下 | トップページ | 今年は「やっと政治が変る」 江田けんじの直言 »