« 橋下大阪府知事 支持率82.3% | トップページ | 麻生は首相を演じようとする役者か »

2009年1月30日 (金)

かんぽの宿売却の疑問

2007年3月、旧日本郵政公社から鳥取県岩美町の「かんぽの宿」を土地代を含め1万円で購入した東京の不動産開発会社が、半年後に鳥取市の社会福祉法人に6000万円で転売していたことが29日分かった。民営化を控えた郵政公社が、年間2670万円の営業赤字(05年度)を出す不採算施設として売り急いだ結果、買い手企業に短期で巨額の利益をもたらした格好だ。(時事通信)

連日報じられているかんぽの宿だが、どんな理由を並べ立てても半年後に6000万で売れた物件を1万円で売却した正当性はない。あまりにも常識ハズレの取引に誰もが裏が有りそうと思う。

同様に民営化前の2006年から07年にかけて、自治体や民間などに売却した「かんぽの宿」15か所の売却額が、全体の建設費約311億円に対して、計約13億円だったことも報じられている。

Nisikawa 今回、鳩山総務相がストップをかけた 日本郵政がオリックスに一括譲渡する予定の70施設は、実際の土地代は約300億円、建設費は約2100億円の物件でなんと109億円の譲渡額であった。

日本郵政の西川社長は正当性を主張するが民間企業では考えられない判断の安易さがある。毎年40~50億の赤字そのものが、もともと利益を重視しない保養施設としての営業のため専門コンサルタントに依頼すればいともたやすく黒字化可能と思う。

仮にすぐに売却するにしても、1万円が6000万にの例ではないが、投資総額2400億が109億でしか売却できないとは考えにくい。西川社長は銀行出身であれば分かっているはずだ。

鳩山総務相が、国民が納得しない、資産査定方法、譲渡方法がおかしい、オリックスの宮内義彦会長は郵政民営化の議論にかかわっており、国民に出来レースと疑われかねないと、いうのは尤もである。

結局、西川社長はオリックスへの譲渡を凍結したが、今後の展開には目を光らせていなければならない。              (写真はasahi.comより)

Mugen

|

« 橋下大阪府知事 支持率82.3% | トップページ | 麻生は首相を演じようとする役者か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

判りやす過ぎる不正。オリックスの宮内もバカ過ぎる、と思います。
(ここは、バックが青なのでコメントを打ちづらいですね)

投稿: 必勝 | 2009年2月 9日 (月) 17時20分

spade必勝さん、コメントありがとうございます。
もはや犯罪の匂いがするくらいです。政商宮内はこれまでも暴利をむさぼって大きくなったと思います。

バックの色ですが魚の大群が民衆に見え光に向かって上昇する図が気に入っています。ご理解ください。

投稿: Mugen | 2009年2月 9日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/43906812

この記事へのトラックバック一覧です: かんぽの宿売却の疑問:

« 橋下大阪府知事 支持率82.3% | トップページ | 麻生は首相を演じようとする役者か »