« 今年は「やっと政治が変る」 江田けんじの直言 | トップページ | 渡辺善美議員、江田けんじ議員と新グループ結成 »

2009年1月15日 (木)

麻生首相の消費税増税 党内に異論続々

寝耳に水の松浪造反ショックに動揺を隠せない麻生政権だが、次の造反要因は消費税増税になりそうだ。

麻生総理は11年度の消費税増税を一度決めたからと財政方針に明記すると言い張っているが党内から反発の声が噴出している。

中川秀直元幹事長は経済政策、景気対策上マイナスだ、 塩崎元官房長官は行政改革、公務員改革をやらないで増税するのは国民は納得しない、 山本一太氏は増税反対の勉強会を立ち上げた、と反対議員が続出しそうだ。

麻生総理は消費税増税の理由に「中福祉には中負担が必要」をあげるが具体的な内容はなく思いつき的で安易だ。

そもそも塩崎元官房長官の言うように徹底的に無駄を排除し天下りを廃止してから消費税を上げるということではなったのか。

国民はゆくゆくは消費税を上げないと少子高齢化時代の年金や福祉は立ち行かないということは理解している。しかし、例えば毎年特殊法人に流れる12兆6000万の高額な税金の無駄遣いを改善することなく消費税を上げることは絶対許さない。

この消費税の増税を盛り込んだ、法案採決への造反の火種は、大きく燻り始めている。

それにしても小泉元首相は消費税はあげない、あげないといい麻生首相はあげる、あげるという。両首相とも消費税を選挙対策に利用していると思われるが、

麻生首相の場合、あえて消費税を上げることを明言する、責任ある総理とでも言いたいのだろうが、全く見誤っており、何よりも3年後に総理であることは200%ない。逆に無責任といえる

Mugen Wolf

|

« 今年は「やっと政治が変る」 江田けんじの直言 | トップページ | 渡辺善美議員、江田けんじ議員と新グループ結成 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/43751543

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生首相の消費税増税 党内に異論続々:

« 今年は「やっと政治が変る」 江田けんじの直言 | トップページ | 渡辺善美議員、江田けんじ議員と新グループ結成 »