« 信頼できない厚労省の年金試算 | トップページ | 北方領土をよく知ろう。北方四島に本籍を持つ日本人173人に増加 »

2009年2月25日 (水)

オバマ、麻生、日米首脳会談

200902253992241n 25日ホワイトハウスで日米首脳会談が行われた。

オバマ大統領のスタンスは非常に明確で無駄がない。日本をパートナー(援助を求める?)として重要視している姿勢を鮮明にした。

今回の首脳会談も麻生総理の要望を受ける形で最初にホワイトハウスに招待した首脳であることを強調し暗に頼りにしていることを思わせた。

会談は経済対策を中心に、東アジアの安全保障問題、とりわけ北朝鮮のミサイル問題、更にアフガンの安定化問題に渡って協力して取り組むことで一致した。まさにオバマの目論見どおりであった。

先立って来日したクリントンもオバマ政権のスタンスと政策を明確にアピールし、日本人の心情に訴える被害者家族との面談を通じ拉致問題も疎かにしないことも付け加えた。

麻生首相は本来は有頂天になりそうなところだが、このところのさすがの支持率低下、ポスト麻生の動きを感じ、さえない表情を隠しきれなかった。アメリカは政権末期の麻生総理にではなく日本に対する態度であることを感じているからでもあろう。

それでも麻生総理はアフガン特使を任命するなど期待に沿う態度を示し、ドルを基軸通貨として確認(アメリカ国債を支える?)する姿勢を示した。

麻生総理は帰国すると麻生内閣の支持を取り付けたとばかり外交の成果を強調すると思われるが、昼食会、共同記者会見もなく、この会談の麻生総理をアメリカでは冷ややかな厳しい目で見て、ニュースとしても取り扱いが小さかったことを国民は認識しておかねばならない。

Mugen

|

« 信頼できない厚労省の年金試算 | トップページ | 北方領土をよく知ろう。北方四島に本籍を持つ日本人173人に増加 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/44172348

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ、麻生、日米首脳会談:

« 信頼できない厚労省の年金試算 | トップページ | 北方領土をよく知ろう。北方四島に本籍を持つ日本人173人に増加 »