« 麻生首相 サハリン訪問 18日日ロ首脳会談 | トップページ | 産科診療所「ティアラかまくら」市と医師会が設立 »

2009年2月18日 (水)

気になる日ロ首脳会談

Nitiro 今回の日ロ首脳会談のロシアの目的は,サハリン2(ロシア初のLNG製造工場)の稼動式典をきっかけに,北方領土問題をちらつかせながら経済での協力推進を求めることにある。

会談では,北方領土返還問題で,麻生首相は四島一括返還に拘らない,お互いの政治判断で解決を目指す発言をしたが,思いつき、ブレが多い首相だけに気がかりだ。

政府内のコンセンサスも戦略も出来ていないままの交渉では相手のペースに乗る恐れがある。過去におけるロシアの自国に都合が良い勝手な振る舞いを思い出す必要があるだろう。

麻生首相は「ビザなし交流」問題には触れていないが、ロシア政府は1月、国後島に渡航しようとした日本の支援団に「出入国カード」の記入・提出を要求している。日本は「四島をロシア領と認めることになる」と拒否したが、このことこそが北方領土返還の原点でスタートだと思うが毅然とした態度を示すべきだ。

サハリン2

サハリン2には日本から、三井物産、三菱商事が出資しておりフル稼働時のLNG生産量は年960万トン。うち約6割は東京電力、大阪ガスなど日本企業向けで、日本のLNG輸入の約7%を賄う。

ビザなし交流

ビザなし交流は北方四島の元島民や人道支援目的などに限って身分証明書などで四島に渡航できる仕組みだが、。外務省は92年に始まった北方四島へのビザなし交流が中断しかねないと懸念している状態。

Mugen

|

« 麻生首相 サハリン訪問 18日日ロ首脳会談 | トップページ | 産科診療所「ティアラかまくら」市と医師会が設立 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/44102997

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる日ロ首脳会談:

« 麻生首相 サハリン訪問 18日日ロ首脳会談 | トップページ | 産科診療所「ティアラかまくら」市と医師会が設立 »