« 民主、小沢一郎「政権準備」は万全か | トップページ | 麻生首相は渡りを禁止できるのか »

2009年2月 2日 (月)

公務員改革を拒む人事院 谷公士総裁

W2 公務員改革を拒む人事院 谷公士総裁は政府の公務員制度改革の会合をボイコットし徹底的に抵抗する姿勢を示した。

麻生総理もなめられたもので、海外でいくらいい格好しようとしても(尤もトニー・ブレア首相の名前を間違えたり、漢字を読み間違えたり格好悪かったが)、国内の足元でこのていたらく。菅選対委員長が怒りの辞任勧告をしているが、本気で改革をする気があるなら許してはいけない。

人事院は「官僚機構の奥の院」と称せられ改革を阻む存在で、渡辺元行革大臣も今日の都内演説で「首相の指示をそっちのけで天下り利権の温存のため、とんでもない抵抗をしている」と批判した。

甘利行革担当も存在感がなく公務員制度改革の工程表は先送りせざるをえず、現内閣での行革能力のなさが次々と露呈し嘆かわしい。

Mugen

|

« 民主、小沢一郎「政権準備」は万全か | トップページ | 麻生首相は渡りを禁止できるのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/43937431

この記事へのトラックバック一覧です: 公務員改革を拒む人事院 谷公士総裁:

» 人事院から機能移管、工程表明記へ 改革を止めるな [ハズレ社会人]
オツカレです。 国家公務員制度改革がいよいよ大詰めを迎える。 [2日 朝日]人事院から機能移管、工程表明記へ 3日推進本部開催  政府は3日、全閣僚が出席する国家公務員制度改革推進本部を開き、公務員制度改革の工程表を決定する。幹部人事を一元化する「内閣人... [続きを読む]

受信: 2009年2月 3日 (火) 13時32分

« 民主、小沢一郎「政権準備」は万全か | トップページ | 麻生首相は渡りを禁止できるのか »