« 自民党の悪弊噴出、民主党は政権交代の実現に結束すべし | トップページ | 意外、日本の若者の憂国 »

2009年3月27日 (金)

麻生首相 なぜこだわる? 官房副長官の内閣人事局長兼務

090325049_160x120官僚を使いこなすと言った(最後に耳打ちされた意見に左右される)麻生首相は官僚に使われている感が強い。

27日、自民党の行政改革推進本部(本部長・中馬弘毅元行政改革担当相)が開かれ、「内閣人事局」の設置などが盛り込まれた国家公務員制度改革関連法案を了承した。焦点の内閣人事局長は、麻生太郎首相の主張が通り、官僚トップの事務の官房副長官が兼職することになった。ただ党側は「専任の内閣人事局長も新設が可能なように内閣法改正を視野に入れる」ことを首相に要請することを条件としており、党内に火種を残した。

一時は民間の登用も了承していた首相だが一転最後に官僚に巻き返され、渡辺元行革大臣は完全に骨抜きにされたと、これで天下りはなくならないと怒りを隠さない。

この日の会合は紛糾し、中川秀直元幹事長や塩崎元官房長官らは新設ポストを主張。(新設ポストは民主党も主張)出席者の大半が官房副長官の兼職を批判しており自民党は政府案を了承しておらず今後の展開が注目される。

|

« 自民党の悪弊噴出、民主党は政権交代の実現に結束すべし | トップページ | 意外、日本の若者の憂国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/44485009

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生首相 なぜこだわる? 官房副長官の内閣人事局長兼務:

« 自民党の悪弊噴出、民主党は政権交代の実現に結束すべし | トップページ | 意外、日本の若者の憂国 »