« 麻生首相 なぜこだわる? 官房副長官の内閣人事局長兼務 | トップページ | 日本の政治家は広い視野を持て(米国メディア批判を知れ) »

2009年3月28日 (土)

意外、日本の若者の憂国

内閣府が27日に発表した世界青年意識調査結果によると、日本の青年は調査対象となった5カ国(日本、韓国、米国、英国、フランス)の中で政治への関心が最も高いことが分かった。

前回(平成15年)調査と比べても政治に関心があるとの回答は11・3ポイント増え、現状を憂い政治の動向に注目する若者が増えていることをうかがわせた。

この種の調査ではいつも日本の若者は政治には無関心という結果であったが5か国中最も関心度が高かったのは驚きだ。

関心が高くなることは好ましいことだが、裏返せば無関心の若者までが今の日本の現状と将来に不安を感じているということだろう。

これが投票行動に結びつくことを願いたい。

この調査は5カ国の18~24歳までの男女を対象に各国約1000人に平成19年秋と20年秋の2度に分けて実施された。

国家・社会に関する調査では、「政治に関心ある」と答えたのは、日本が58・0%と最も高く、米国54・5%、韓国49・7%、フランス42・6%、英国33・2%の順。

「自国人であることに誇りを持っている」と答えたのは米国が91・2%と最も高く、日本は2番目の英国(84・1%)に次いで81・7%だった。

逆に、「国際的視野を身につけている」としたのは日本は最低で27・8%と、1位の米国(52・9%)の半分程度にとどまった。

家族観の項目では、日本は「子供は親から経済的に早く独立すべきだ」が88・6%で最も高く、「わが子に老後の面倒をみてもらいたいと思わない」も韓国の55・4%に次いで2番目に高い50・0%。逆に「どんなことをしても親を養う」は最も少ない28・3%。韓国は日本と同じ傾向で、欧米3カ国は逆の傾向がみられた。

|

« 麻生首相 なぜこだわる? 官房副長官の内閣人事局長兼務 | トップページ | 日本の政治家は広い視野を持て(米国メディア批判を知れ) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

■“憂国青年”日本が最多 日韓米英仏調査、「政治に関心」58%―本当は国際的視野も身につけている日本の若者
こんにちは。日本の若者の政治に関する関心の高さに関しては、認識を新たにしました。確かに、ブログなどをみていると、若い世代でもかなり政治に関心をもっていることがわかります。さらに、国際的な視野については、自己評価は低いもの、実際にはかなり高いと思います。マスゴミが日本に対して悪いイメージばかり、植え付けようと躍起になていますが、若者はそんなことは無視して、日本の真の実力を見つめていると思います。私も今の若者は、安心して将来の日本を託することができるのではないかと期待しています。詳細は私のブログを是非ご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年3月29日 (日) 09時54分

spadeyuyakarlsonさんコメントありがとうございます。
ブログを拝見しました。
>日本は世界の他の国から比較すれば、決して悪い国ではなく、むしろかなり良い国であるということです。・・・・日本の若者は、マスゴミが語るほど、病んでも、おかしくもなっておらず、そのほとんどの人は日本の将来を託することができる立派な人たちであるということです。

共感できる意見で救われる感じですが、政治が日本をダメにしている感が否めません。

>若い世代の人たちには、経済だけを最優先にするのではなく、社会に関心を持っていただきたいということです

投稿: Mugen | 2009年3月29日 (日) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/44491766

この記事へのトラックバック一覧です: 意外、日本の若者の憂国:

« 麻生首相 なぜこだわる? 官房副長官の内閣人事局長兼務 | トップページ | 日本の政治家は広い視野を持て(米国メディア批判を知れ) »