« 東京中央郵便局再開発 | トップページ | 田中真紀子の見方 世論調査 »

2009年3月 8日 (日)

WBC 日本実力発揮、韓国にコールド勝ち  韓国、国恥日

Kfullnormal20090308111_m 日本は昨日のWBCで韓国に14:2(7回コールド)という歴史的大勝をした。筆者に言わせればイチローのヒットをきっかけに本来の実力が発揮できただけで当たり前の結果と思う。

これまで3勝7敗と苦渋を味わってきたが、これは日本人的気質からか、勝手に相手を過大評価し、WBCを大げさに考えすぎて萎縮をしていただけで、冷静に考えれば、かっての日本が米メジャーに勝てなかったように韓国とは3勝1敗くらいの実力差と思う。

Kphotonormal20090308020_s まず野球に関しては韓国とは歴史と底辺が違う。韓国の高校で野球部があるのは60校で日本は4000校と圧倒的に格差があるしメジャーリーガーも日本人5人に対し韓国は1人である。

イチローが前回、韓国には二度と戦うのがいやになるような勝ち方をしたいといったが、まさにこの韓国との差が分かっていて、昨日のような試合で勝つことを想定しての発言だったと思う。

韓国は昨日の大敗を国恥日と報じていたが、溜飲の下がる思いである。今後の戦いも後半逆転されるかもしれないと恐れるのではなく、1~2点の僅差になるではなく、実力どおり、普段の野球をすれば最後には日本が勝っているというゆとりを持って戦えばよい。

極端に飛躍するが日本の外交姿勢も同じようなことが言えるのではないかと感じる。

回りの思惑、相手国を過大評価したり、考えすぎたり、へりくだり過ぎて遅れをとっていることが多いように思う。

悪い例かもしれないが北朝鮮のような弱小国がアメリカなど世界を振り回しているスタンスのように、日本もいい意味での強い自己主張をしていくべきと思う。

|

« 東京中央郵便局再開発 | トップページ | 田中真紀子の見方 世論調査 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC 日本実力発揮、韓国にコールド勝ち  韓国、国恥日:

« 東京中央郵便局再開発 | トップページ | 田中真紀子の見方 世論調査 »