« 21年度赤字国債30兆円を突破。次世代へ大きなつけ | トップページ | 危なっかしい森田健作千葉県知事 »

2009年4月11日 (土)

お役所仕事のナンセンス 東京都下水道局

9704790111 東京都下水道局が新調した職員の作業服用のワッペン(約2万枚)に、波線が描かれているのはイチョウのシンボルマーク以外の他の要素は入れないという内規に違反違反しているとして、約3400万円をかけて作り直していたことが分かった。(それにしても1枚1700円のワッペンにも疑問を感じる。)

 細い線1本が原因で多額の公金が無駄になり、最初のデザインを決めた幹部2人が訓告処分を受けたが、あまりの「お役所仕事」ぶりに石原慎太郎知事は憤慨し、作り直しを決めた職員も処分する意向を示した。

この出来事はお役所仕事の実態を表していて空恐ろしい。仕事自体がくだらないことを考える時間があるほど内容の薄いものであり、またマスコミに報道される数々の無駄遣いを見ても血税を使う役人は民間企業ではありえない使い方をする。

完全に価値判断が狂っていて同じ感性で他にもいろいろな無駄なことが起こっていることは容易に想像できる。

|

« 21年度赤字国債30兆円を突破。次世代へ大きなつけ | トップページ | 危なっかしい森田健作千葉県知事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/44638952

この記事へのトラックバック一覧です: お役所仕事のナンセンス 東京都下水道局:

« 21年度赤字国債30兆円を突破。次世代へ大きなつけ | トップページ | 危なっかしい森田健作千葉県知事 »