« 09年度版高齢社会白書から、求められる対策 | トップページ | 麻生首相、姑息な会期延長 55日に決定 »

2009年5月31日 (日)

母子家庭の貧困率66%OECD諸国の中で最悪 しらける大村議員の言い訳

Omura 今日サンデープロジェクトで母子家庭の貧困率が66%とOECD主要国の中で突出していることを取り上げていた。

OECD加盟国の「子ども貧困リーグ」によると、日本の子どもの貧困率は14.3%、つまり7人に1人が貧困状態にある。(2000年時)貧困状態とは平均家庭の収入のその額の半分以下で生活する状態をさす。具体的には、親2人・子1人世帯で年収が手取り239万円以下の場合子どもは貧困状態にある。

それが母子家庭になると貧困率は66%と跳ね上がりOECD主要国と比べ政策の悪さが貧困率を高めていると言う。

                                              
欧米諸国では、子どものいる貧困世帯の負担を少なくし、適宜給付がなされるよう制度設計している。ところが、日本は正反対で、負担は高いまま給付が減っていくので、子どもの貧困はますます深刻化しているのが実情である。
 

更に子ども関連の社会保障はお粗末で家庭関連の社会支出はGDPの0.75%、教育支出は3.4%で、先進国中最低レベルである。
 2002年には児童扶養手当が減額され、07年には生活保護費の母子加算が廃止された。

政策の悪さが母子家庭の窮状を放置している結果となっている。番組では母子家庭の女性がその窮状を訴えたのに対し

大村議員はいつもながらの言い訳と、分かっているから改善するとその場限りの約束をする。

あちこちのTVに出演しては、あらゆる事柄に対して自民党を正当化し、口先だけの改善を約束する姿には政治家としての信念や、理念は全く感じられない。
 

|

« 09年度版高齢社会白書から、求められる対策 | トップページ | 麻生首相、姑息な会期延長 55日に決定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ほんまにこの大村という奴、軽い男だね。ぺらぺらしゃべるが、中身が全くない。質問に対しても答えるふりして話をそらして行く。麻生とも共通している語り。こんなの副大臣でっせ!自民党もおちぶれたものよ、人材がいない。これでは民主党が政権とったら、あっという間に空中分解する党だね。
それでも自民党、命の国民がけっこういるということは、国民が長い自民党政治のなかで思考力を失ってきた、というか失わされてきたということだ。
間違っても偏向マスコミに騙されて、自公を選挙で勝たしてはならんね。

投稿: 放浪人 | 2009年6月 2日 (火) 08時52分

spade放浪人さん
最近公明党の高木陽介(広報)も鼻についています。言い訳上手、自民党の政策を正当化、理路整然と話しているようだが実を伴わない議論好きで実行力、影響力はないから念仏です。

投稿: Mugen | 2009年6月 2日 (火) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45196216

この記事へのトラックバック一覧です: 母子家庭の貧困率66%OECD諸国の中で最悪 しらける大村議員の言い訳:

« 09年度版高齢社会白書から、求められる対策 | トップページ | 麻生首相、姑息な会期延長 55日に決定 »