« 地方から政治が変わる? 橋下知事、河村市長怪気炎 | トップページ | 小沢一郎民主党代表を辞任 »

2009年5月10日 (日)

偏重するスポーツ報道 ビーチバレーや・・

Oth0905061927014s3 先日東京オープンのビーチバレーの試合結果がニュースで流された。その中で浅尾・西掘組が決勝で惜敗した事についてのインタビューがあった。

しかし驚くべきは優勝した選手はインタビューはおろか顔写真も紹介されなかった。ビーチボールの選手については浅尾、西堀選手以外はほとんど知らない。

最近スポーツ報道で感じることだが、報道局の偏重振りには公共性や、スポーツ振興の精神のかけらも感じられない。 ただただ視聴率さえよければの姿勢である。

バトミントンのオグシオ(小椋・潮田組)にも同じような現象があった。ハンドボールの例では宮崎選手と言う人気者が出るまではほとんど報道されなかった。

更にひどいのはバレーボールの報道姿勢だ。オリンピックに出場できるだけで目標を達成したかの体たらくにもかかわらず、芸能界のジャリタレグループを呼びまるでショーまがいの応援を大音響で繰り広げる。

相手国のチームには誠に申し訳ない限りである。選手はまるで勘違いをしてスター気取りで飾り立てる。監督までもカメラを意識したアクションを繰り広げる。

チームが強くなれるわけがない。

各局の報道部長なり、番組編成部長の報道に対するポリシーを疑う。

レベルの低下は仕方のないことなのか?

|

« 地方から政治が変わる? 橋下知事、河村市長怪気炎 | トップページ | 小沢一郎民主党代表を辞任 »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/44969770

この記事へのトラックバック一覧です: 偏重するスポーツ報道 ビーチバレーや・・:

« 地方から政治が変わる? 橋下知事、河村市長怪気炎 | トップページ | 小沢一郎民主党代表を辞任 »