« 鳩山新体制に、麻生首相焦りの非難 | トップページ | 民主党大塚耕平議員追求 補正予算はでたらめ »

2009年5月20日 (水)

いよいよ裁判員制度スタート

国民の大多数がなんとなく馴染まないという思いのまま裁判員制度がスタートする。

制度設計は万全なのだろうか?実際半数以上がやりたくない、また半数以上が死刑の判決は出せない、また出したくないというアンケート結果もある。いろいろ問題は出てきそうだ。

実際和歌山のカレー事件のような裁判ができるのだろうか?とにかく21日裁判員制度はスタートする。

『裁判員制度は、司法制度改革の一環として導入された。国民が刑事裁判に参加することにより、裁判が身近で分かりやすいものとなり、司法に対する国民の信頼向上につながることが目的とされている。

裁判員制度導入のもうひとつの背景として、先進国の多くが国民も裁判に参加する陪審制、参審制のいずれかの裁判制度を採っており、それらの世界的な流れ(グローバルスタンダード)に制度を合わせる政策的な目的もあるといわれている。』(ウィキぺディアより)

|

« 鳩山新体制に、麻生首相焦りの非難 | トップページ | 民主党大塚耕平議員追求 補正予算はでたらめ »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45075536

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ裁判員制度スタート:

« 鳩山新体制に、麻生首相焦りの非難 | トップページ | 民主党大塚耕平議員追求 補正予算はでたらめ »