« 渡辺善美、7月に新党結成 | トップページ | 東国原知事 ピエロになるか? »

2009年6月29日 (月)

新しい兆し、横須賀市長選で33歳の吉田氏当選

神奈川県横須賀市長選が6月28日投開票された。無所属の新人で元市議の吉田雄人氏(33)が、現職で2期目を目指した蒲谷亮一氏(64)らを破り初当選した。

初当選した吉田氏はは早大大学院時代に市議に立候補しトップで初当選、2007年にも連続してトップ当選を果たした。今回も自転車に乗って選挙活動をした。

横須賀市は「36年間ずっと自治省(現総務省)出身者だけが市長になっていたが吉田さんはこれはおかしいだろうと立った」という。

一方蒲谷氏は、告示直前から小泉純一郎元首相が2回にわたって応援演説をするなどの自公民の支援を受けていたが、支持が広がらなかった。

小泉神話も自分の息子を世襲させると言って以来全く色あせてしまって市民ももはや期待しなくなった表れだろう。

この事実は政治の転換を示唆している様に思う。。すなわち国民は現在の既成政治に対してすっかり失望し、若い人なら何か違うことをやってくれるかもしれないという期待と可能性を求めているのだと思う。

このところ若い市長が相次いで誕生しており、千葉市長の熊谷俊人(31)、三重県松阪市長の山中光茂(33)について3番目になる。

日本も「チェンジ」の時代になり単なる「世襲」や「官僚出身」は通用しない時代を迎えているのかも知れない。

|

« 渡辺善美、7月に新党結成 | トップページ | 東国原知事 ピエロになるか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45491542

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい兆し、横須賀市長選で33歳の吉田氏当選:

« 渡辺善美、7月に新党結成 | トップページ | 東国原知事 ピエロになるか? »