« 麻生首相、劣勢の連鎖 | トップページ | エコポイント制度に喝! »

2009年6月19日 (金)

名古屋河村市長の所信表明

河村たかし名古屋市長が19日、就任後初の市議会6月定例会で所信表明を行った。

過去最多となる51万票の得票を河村市長は「世の中に漂っている閉塞感を打ち破ってほしいとの期待を感じている。その期待に応えるのが私の義務」と決意を述べた。

 公約の目玉とした市民税減税については、「減税によって、市民生活の支援や経済活性化のほか、税金の無駄遣いを徹底的になくし、本当の聖域なき構造改革が実現できる」と意義を強調した

「税金を払う方が地獄の苦労で、税金で食ってる方が楽をしている」との主張は今の政治よく表現しており庶民の気持ちにストレート入ってくる。

減税を実施して世に問いかけてほしい。

|

« 麻生首相、劣勢の連鎖 | トップページ | エコポイント制度に喝! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45387950

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋河村市長の所信表明:

« 麻生首相、劣勢の連鎖 | トップページ | エコポイント制度に喝! »