« 新型インフルエンザのその後 | トップページ | 緊急補正予算のナンセンス 無駄撲滅PTアニメの殿堂に反対 »

2009年6月 8日 (月)

全盲のピアニスト辻井伸行 国際ピアノコンクールで優勝

米国・テキサス州フォートワースで開かれた「第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクール」で全盲のピアニスト、辻井伸行さん(20)が優勝した。初の盲目の優勝者で、アジア出身者の優勝も初めて。

人間の潜在能力は本当にすばらしい。誰でもすばらしい能力がある事を証明してくれた。今後の世界的な活躍を応援したい。

時にすばらしい音楽を聴くことは心が豊かになり気持ちが清らかになる。

川のささやき - 辻井伸行 目が不自由な彼が子どもの頃、父親に隅田川に連れて行ってもらっ た時の記憶を頼りに作った曲。

フジ子ヘミングで有名な”カンパネラ”

|

« 新型インフルエンザのその後 | トップページ | 緊急補正予算のナンセンス 無駄撲滅PTアニメの殿堂に反対 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

Mugenさん、素晴らしい音楽の贈り物ありがとう。
いつも、日本の閉塞感に重苦しい気分にさせられていたが、久々に気持ちの良い時間を過ごせた。これからも、時にはこのような息抜きをよろしく。
それにしても、彼、辻井伸行君は素晴らしいの一語に尽きる。
彼は、世界の音楽家歴史に名を残すピアニストになることは間違いない。目を閉じて「川のささやき」を聴いていたら、感動で涙があふれ出した。彼は世界の人の心に通じる音を創り出すと思う。

投稿: wanderinglion | 2009年6月 9日 (火) 20時00分

spadewanderinglionさん、すばらしいコメントを有難うございます。彼の演奏に接すると聴衆は感動で皆涙を流すそうです。
精神を病む人が急増しているとの統計が出ていましたが子供達が小さいうちから良い音楽、良い絵などに接する機会が多い環境を作ってあげたいですね。

投稿: Mugen | 2009年6月 9日 (火) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45278211

この記事へのトラックバック一覧です: 全盲のピアニスト辻井伸行 国際ピアノコンクールで優勝:

» 辻井伸行氏 バン・クライバーン国際ピアノコンクール 優勝おめでとう! [Crossover クラシック音楽と現代音楽]
おめでとう!ですね! [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 22時13分

» 神業・辻井伸行さんのピアノ演奏 [名古屋人伝説。税理士バッキーの日記帳]
報道ステーションで見たのは、ほんのサワリ部分の演奏。 それでも十二分に感動が伝わってくる、辻井伸行さんのピアノ演奏。 演奏後にピタッとピアノの角に立った辻井さん。それと同時に鳴り止まない観客からの拍手と歓声。 テレビの画面を通り越して、こっちにもガツンと感動が伝わってくる。 魂が揺さぶられた、ちょっ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 9日 (火) 06時47分

» 1日だけ目が見えるとしたら母の顔が見たい…by辻井伸行 [かきなぐりプレス]
生まれながらの全盲のハンディーキャップをものともせず、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した辻井伸行さん。 暗い話題が多い中、久しぶりに明るい話題だが、全盲で生まれた我が子に、母親のいつ子さんは悩んだ。 目が見えないだけでなく、2歳になっても歩くこと、ことばも遅かった。そんなわが子の障害に自殺も考えた、という。 おもちゃ代わりにピアノを与えたのは1歳5ヵ月の時。 光りが差し込んだのは2歳3ヵ月の時だった。 母親がジングルベルを口ずさんでいたら、それに合わせて... [続きを読む]

受信: 2009年6月 9日 (火) 09時48分

« 新型インフルエンザのその後 | トップページ | 緊急補正予算のナンセンス 無駄撲滅PTアニメの殿堂に反対 »