« ナベツネ読売新聞 今度は鳩山民主党をねらう? | トップページ | 麻生首相、劣勢の連鎖 »

2009年6月17日 (水)

党首討論 鳩山氏圧勝 麻生首相は末期的

0ca4fkxyz 今日の党首討論はどちらが首相か分からないほどの差があった。

鳩山氏は、日本郵政社長人事をめぐる迷走劇を取り上げ、「(内閣)支持率が大きく落下した原因は、判断ができない、ぶれる、間違える、この三つ」と指摘。民主党が政権を取ったら西川社長には辞めて頂くと麻生首相が間違った判断をしたことを強調した。

岡田氏は「なぜ(生活保護の)母子加算を切ったのか答えず、突然第7艦隊の話が出てきた。話をすり替える姿勢が象徴的に出た」 

共産党の穀田恵二国対委員長は「政権末期であることが明らかに見えた」と首相を酷評。

 社民党の福島瑞穂党首は「首相は受け身でビジョンが伝わらない。精彩を欠き、どっちが首相か分からない状況だ。軍配はやはり鳩山氏」と断じた。

 国民新党の亀井久興幹事長は「鳩山氏は官から政治主導への転換など大きな議論をしたが、首相は大きなメッセージを出さなかった」と述べた。

首相はますます窮地におちポスト麻生の動きも表面化した。

石原、桝添が有力候補で小池百合子続くと言うが首相候補としてはいかにも物足りない。政権交代は必然の流れになりつつある。

|

« ナベツネ読売新聞 今度は鳩山民主党をねらう? | トップページ | 麻生首相、劣勢の連鎖 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45373070

この記事へのトラックバック一覧です: 党首討論 鳩山氏圧勝 麻生首相は末期的:

« ナベツネ読売新聞 今度は鳩山民主党をねらう? | トップページ | 麻生首相、劣勢の連鎖 »