« キリントサントリーが経営統合 | トップページ | 麻生首相、包囲網で窮地 »

2009年7月14日 (火)

全国知事会 橋下知事主導で政治パワーを持つ

Lcl0907142028001s2
三重県伊勢市で開かれていた全国知事会は、8月30日投開票の衆院選に向けて各党が示す政権公約(マニフェスト)の評価について、地方分権改革への取り組みに絞って点数化していくことを決めた。

大阪府の橋下徹知事が提案した知事会による特定政党の支持表明は見送ったものの、知事会の「政治集団化」を目指す橋下氏らが会議を主導してきた。

各党も衆院選を前に、地方分権の実現を訴える知事会の意向に沿ったマニフェスト作りを進める傾向にあり、橋下氏の影響力が国政にも徐々に浸透している格好だ。

橋下知事はまだ2年目だが、就任以来国の不合理な点は次々改善のアピールを続けてきた。特に国はぼったくりバーと表現した国の直轄事業の負担金問題をきっかけに、一気に全国知事会が地方分権化の共通認識を持つにいたった。

国も知事会の存在を無視することが出来なくなり、橋下知事の功績は非常に大きいものがある。
東国原知事のように勘違いすることなくしっかり大阪府の財政改革を成し遂げ、府民に促されて国政へ転身して欲しい。

|

« キリントサントリーが経営統合 | トップページ | 麻生首相、包囲網で窮地 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45635496

この記事へのトラックバック一覧です: 全国知事会 橋下知事主導で政治パワーを持つ:

« キリントサントリーが経営統合 | トップページ | 麻生首相、包囲網で窮地 »