« イタリア、ルクイナサミットで麻生首相は・・ | トップページ | 東国原知事のあせりと不安 »

2009年7月10日 (金)

政局に波乱あるか?

サミットで何も成果を出せないまま麻生総理が明日帰国する。

国内では野党からは内閣不信任案の提出が13日に行われる可能性があり、党内からは麻生おろしの準備が着々進んでいる。

最大の焦点であった12日の都議選も大敗が予想される状況になっており都議選が終わると一斉に
嵐が吹き荒れそうだ。

麻生総理は結局解散する勇気もやけくそ解散も出来ないまま総理の椅子を投げ出すか総裁選の前倒しで止めることになるだろう。

長かった自公政権の終焉が近い。

|

« イタリア、ルクイナサミットで麻生首相は・・ | トップページ | 東国原知事のあせりと不安 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45592832

この記事へのトラックバック一覧です: 政局に波乱あるか?:

» 政権交代を!日本が民主主義国家であることを示そう! [かなりヘンだよ!日本人。]
 明日は、東京都議会議員選挙の日だ。普段ならそれほど注目されることはない地方選挙も間近に迫った衆議院総選挙の前哨戦となるのはいたしかたない。  === 次の選挙は、政権交代を望む! ===  わたしは何も過度な期待を民主党にしているわけではない。民主党も一枚岩ではないし、それは自民党も同じ。政策も世論追従であったり、首をかしげるようなことも多いが、  === 自民党から政権交代させる受け皿としては民主党以外にはない。 ===  わたしが政権交代を望む理由はただ一つ。 ..... [続きを読む]

受信: 2009年7月11日 (土) 13時59分

« イタリア、ルクイナサミットで麻生首相は・・ | トップページ | 東国原知事のあせりと不安 »