« 東国原知事は自己顕示欲の塊 | トップページ | 麻生ピンチ、静岡知事選、民主党勝利で政権交代へ加速 »

2009年7月 5日 (日)

橋下知事の「首長連合」政策を絞って応援

Stt0907042316015p2
大阪府の橋下徹知事は4日夜、「首長連合」の方針をめぐって横浜市の中田宏市長、松山市の中村時広市長と松山市内で会談し、

次期衆院選で地方分権と霞が関解体、政権運営システムの3点の政策面から評価し、グループとして一致して政党を応援していくことで合意した。

今まで政党支持を主張していた橋下知事も政策に絞って支持したほうが良いと方向転換し中田横浜市長、中村松江市長と合意に達した。
 
 「応援」の意味について中田市長は、「3点(の政策)において(投票を呼び掛けること)」と述べ、判断対象となる政策を限定し、政党への“支持”を表明するとの考えを示した。

中村市長は今回の合意による影響について「既存の勢力から圧力がかかるに決まっている。自分の首をかけるしかない」と述べ、リスクを伴った行動だと強調した。

当初連携が密と思われていた東国原知事とはもし自民党とうまくいかなからと言って直ちに参加を求め連携することはないと距離を置くように変っている。

|

« 東国原知事は自己顕示欲の塊 | トップページ | 麻生ピンチ、静岡知事選、民主党勝利で政権交代へ加速 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45546323

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下知事の「首長連合」政策を絞って応援:

« 東国原知事は自己顕示欲の塊 | トップページ | 麻生ピンチ、静岡知事選、民主党勝利で政権交代へ加速 »