« 民主党 減反政策廃止の主張  | トップページ | イタリア、ルクイナサミットで麻生首相は・・ »

2009年7月 8日 (水)

新疆ウィグル自治区の暴動、中国の矛盾

新疆ウィグル自治区の暴動は今なお混乱が続いている。
死者は156人、負傷者は1080人にも達し拘束された人は1434人いると言う。

この対応のため胡錦濤主席はイタリアサミットから予定を変更し急遽帰国した。
今中国はこの独立戦争ともいえる民族の対立のほかさまざまな矛盾を抱えながら進んでいる。

世界第二の経済大国にはなったが都心部と農村部の広がる格差、報道や、表現、言論の抑圧、制限、
世界の先進国の仲間入りするにはまだまだ道は遠い。

|

« 民主党 減反政策廃止の主張  | トップページ | イタリア、ルクイナサミットで麻生首相は・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45576926

この記事へのトラックバック一覧です: 新疆ウィグル自治区の暴動、中国の矛盾:

» 中国 新疆ウイグル自治区の暴動 [本質]
中国新疆ウイグル自治区で大規模な暴動が発生。 現在発表されている情報。死者    [続きを読む]

受信: 2009年7月 9日 (木) 23時00分

« 民主党 減反政策廃止の主張  | トップページ | イタリア、ルクイナサミットで麻生首相は・・ »