« 東国原知事のあせりと不安 | トップページ | キリントサントリーが経営統合 »

2009年7月12日 (日)

東京都議選 民主党圧勝

次の衆院選の前哨戦と目された都議選がまさに国政選挙と思われるような選挙戦の審判がついに下った。

投票率は、前回2005年(43.99%)を大きく上回り、54.75%と10%以上上回った。10%以上上回ると地殻変動が起こると言われていたが民主党が第1党となり 自公合わせて過半数を割り込んだ。

最近の、また今日のTV番組でも自民党は政策の反省もなくただ民主党の批判を繰り返し今日でも鳩山代表の政治資金問題の批判ばかりでマニフェストはいまだ出来ていない状況だ。

国民は批判を繰り返す自民党の姿にうんざりしているのすら気付かずに麻生下ろしの内紛に混乱している
このような自民党に嫌気しNOを突きつけた選挙結果になった。

23時15分現在の当選数は次の通り。

自民 33 民主51 公明 21 共産 6 ネット 0 他 2  残13


|

« 東国原知事のあせりと不安 | トップページ | キリントサントリーが経営統合 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>嫌気しNOを突きつけた...
 同感です。
 総選挙でも再びNO突きつけましょう。

投稿: ふる | 2009年7月13日 (月) 17時55分

spadeふるさん
愈々政権交代間近ですね。
国民の1票の重さが政治を大きく動かす力になることが証明されたと思います。

投稿: Mugen | 2009年7月13日 (月) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45616413

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都議選 民主党圧勝:

« 東国原知事のあせりと不安 | トップページ | キリントサントリーが経営統合 »