« 全国知事会 橋下知事主導で政治パワーを持つ | トップページ | 「日本人の国民性」調査は自信喪失 »

2009年7月15日 (水)

麻生首相、包囲網で窮地

麻生総理は引き摺り下ろされるのではなく何とか自分の手で解散し対面を保って止めたいと思って、解散の予告しかも40日以上先の選挙とイレギュラーな形をとったが麻生下ろしの波は止められそうもない。

武部元幹事長は次期衆院選前に新しい党総裁を選ぶべきだ。新総裁のもとで政策を発表し、国民に信を問うべきだ」と述べ、麻生太郎首相は退陣し、ただちに新総裁を選ぶべきだとの考えを強調した。

 そのうえで、武部氏は「失礼な言い方になるが、麻生首相が一番問われているのは徳がないということだ。人を愛する心、謙虚な心、恥を知る心、それから、正しい判断をする心(が問われている)」と強い調子で批判した。

そしてついに最も信頼していた与謝野さんからは事実上退陣勧告を受け中川元幹事長が集めていた両議院総会解散の署名にも加わったと言う。

石破農相も署名し必要な128名以上の署名が集まったらしく予断の許さない状況になってきた。

|

« 全国知事会 橋下知事主導で政治パワーを持つ | トップページ | 「日本人の国民性」調査は自信喪失 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45643969

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生首相、包囲網で窮地:

« 全国知事会 橋下知事主導で政治パワーを持つ | トップページ | 「日本人の国民性」調査は自信喪失 »