« この期に及んで 東国原、苫小牧で公演 | トップページ | 衆院選 あれこれ »

2009年7月21日 (火)

やっと解散、いよいよ政権交代を問う選挙

Pk2009072102100036_size0
10ヶ月余りも解散をもてあそんだ麻生総理も政治に空白を作ってはいけないと言いながら40日も空白を明ける矛盾だらけの解散を断行した。

追い込まれ解散、やけくそ解散と揶揄されるように結局最悪のタイミングの解散となった。

今日の両院議員懇談会は、非難が集中したため急遽公開で行われたが、反麻生派ももはや意味がないとあきらめたのか強く抵抗することもなくわずか数十分で打ち切られ余り意味のないものとなった。

麻生総理は始めて都議選や支持率低下を申し訳ないと謝り出直しの決意表明をし一致団結への協力を呼びかけたがマニフェストの統一もままならない状態で選挙戦に突入する。

民主党は準備を整え「政権交代」を前面に掲げ、△官僚主導の統治機構の転換。▽年金制度の抜本的改革▽高速道路の無料化▽「子ども手当」の支給▽農家への戸別所得補償--などを目玉政策に自民党との違いを強調している。

8月30日に自公対民主、社民、国民新党との構図で、政権交代を問う選挙の結果がでるが歴史的な選挙になりそうだ。

|

« この期に及んで 東国原、苫小牧で公演 | トップページ | 衆院選 あれこれ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 待ち疲れた解散。せめて各政党の政策をしっかりと検討してから投票しようと思っています。でも、現時点では、どの政党の公約も手に入れることが出来ません。テレビでの各党の発言も内容が伝わってきません。
 でも、政策と同時に政権交代の意味を考えた投票になると思います。

投稿: ふる | 2009年7月21日 (火) 20時48分

spadeふるさん
投票率が上がる予想がされていますが若者が関心を持って投票することを期待します。

投稿: Mugen | 2009年7月21日 (火) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45697047

この記事へのトラックバック一覧です: やっと解散、いよいよ政権交代を問う選挙:

« この期に及んで 東国原、苫小牧で公演 | トップページ | 衆院選 あれこれ »