« 麻生総理、迷走の舞台裏 辞任への道 | トップページ | 東国原知事は自己顕示欲の塊 »

2009年7月 3日 (金)

東京都議選告示、 衆院選の前哨戦

20090703at1g0301k030720091f
東京都議会選挙が告示された3日、各党の党首や候補者らは駅前や街頭で声を張り上げ、舌戦をスタートさせた。自公・民主が激突する衆院選の“前哨戦”として全国の注目が集まるだけに、各党とも支持の呼び掛けに懸命。

今回の都議選には争点が多い。
石原都知事都政が問われる最後の選挙になる。まず築地市場の移転問題、東京都民銀行問題、オリンピック承知問題などが問われる。

更に何よりも最大の関心事として来る衆議院選挙を占う重要な選挙として位置づけられ各党党首も国政選挙並みの力の入れようだ。

現在の勢力図は都議会の定数一二七のうち、自民、公明の現有議席は、自民が四十八、公明が二十二の計七十人。

今回立候補者は、自民五十八人、民主五十八人、公明二十三人、共産四十人、東京・生活者ネットワーク五人、社民二人、諸派十三人。無所属は二十二人となっている。

自公で過半数の64議席確保できるかどうか、民主が自民を破り第1党になれるか、社民党が議席を回復できるかなどが焦点なっているが何よりも政権交代のきっかけになるかどうかが最大の関心事になっている。

12日の投票日まで各党の舌戦、死闘が繰り広げられる。


|

« 麻生総理、迷走の舞台裏 辞任への道 | トップページ | 東国原知事は自己顕示欲の塊 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/45525973

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都議選告示、 衆院選の前哨戦:

« 麻生総理、迷走の舞台裏 辞任への道 | トップページ | 東国原知事は自己顕示欲の塊 »