« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

民主党、歴史を変える大勝

今回ほど国民の意志が示された選挙も少ないと思う。
このままではダメだと目覚めたと言ってもよく、政治を良く見ているといえる。

麻生首相は過去の負の遺産を引き継ぎ、自分の責任ではないと思っている節がある。
ここまでの惨敗はまさに麻生首相が原因で失言、漢字を間違うといったことよりも予算を4回も組んだと自負するような的外れの認識をもっていることに問題がある。

多くの落選議員や大物議員が政権交代という得体の知れない大きな風にやられたような弁が相次いだがこれまでの官僚支配や失政が国民の怒りを買っていることに気付かない限り自民党の復活はないだろう。

自民党はいつでも政権交代できる体制に戻すことが課題であり責任である。

公明党は太田代表、北側幹事長、冬柴元国交相が相次いで落選すると言う大敗を喫したが、10年間も漫然と政権にへばりついていた結果だろう。

国民がもう公明党は不要と言う意思表示をしたということだと思う。

対して
国民の意志は静岡の城内みのる氏(無所属)の当選にも示された。
信念を貫き、4年間の地道な活動を見ていて、国を良くするには必要な人材だと認められたのだと思う。


やはり今回の民主党大勝の立役者は小沢一郎だろう。今回の選挙に向けての地ならし、種まきが奏功したのである。
彼は2年前の参院選で大勝した日から今回の衆院選を見据えて準備を進めていたのである。

参院選の直後小沢一郎は比叡山の大 阿闍梨と面会したがその後その
大阿闍梨から小沢一郎についてのはがきが届き大いに驚いた記憶がある。

様々な準備は、郵政票へのアプローチ、公明党への揺さぶり、医師会への接近などあらゆることを行ないながら民主党の候補者を選んできたのである。

恐るべし小沢一郎、である。
これからは決して権力闘争をすることなく自分で描いてきた国づくりを実現して行って欲しい。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009年8月29日 (土)

いよいよ明日投票日

40日間の長い長い選挙戦が今日で終わり明日世紀の審判が下る。

国民の関心も高まり今回だけは投票すると言う無党派層もふえ投票率も上がりそうだが、75%は超えて欲しい。

テレビのインタビューで注意を引いた意見があったので紹介したい。

「政治を馬鹿にしていると政治から馬鹿にされる」

どうせ誰がやっても変らないといっているうちに自公政権が政権をたらい回しにし国民無視の政治をやっていたと言うことか?


「国に変化を求めると同時に自分たちが変らなければならない。」

国民が変れば政治が変るということでまさに今回の選挙が象徴的だと思う。


「高齢者になって将来に希望のないのはつらい。」

世界最長寿国の日本はいつの間に長生きを喜べない国になったのだろうか、非常に重い言葉である。

今回の政権交代が歴史的に見ても大きな転機になって欲しいと思う。
みんなで投票に行って自分の考えを1票に託そう。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年8月27日 (木)

選挙選最後の戦い

選挙戦も終盤になり連日民主党圧勝が報道されている。
本当だろうかと思うぐらいに日本国民の民主党へのなだれ現象が起こっている。
それだけ自公政権が政治を私物化した事への怒りが強いと言うことか。
民主党一人勝ちの様相でその他の政党は生き残りを掛けて死に物狂いの対応を迫られている。

自民党は100議席も危うい情勢で元首相ら大物も選挙応援どころか自らの当選を掛け選挙区に張り付いて慣れないどぶ板選挙活動を繰り広げている。
自民劣勢が伝えられる選挙区では反転のきっかけをつかもうという思惑で公然と人気の「舛添総裁」の声もでているほどだ。

公明党もこれまで創価学会の組織票で安定した選挙をしていたが今回だけは大敗の危機が迫っている。太田代表も比例区に出ず退路を断って党の引き締めを図るつもりが当選が危うい状況までに陥っている。

社民、国民新両党の幹部らも民主党との連立を前に、予想を超える「民主党旋風」の中で、埋没してしまうのではないかという危機感があり現有議席を割り込む可能性も強い。

新党日本、改革クラブは更に厳しい情勢で議席確保も困難な状況のようだ。

第三極を目指していたみんなの党の渡辺善美は民主党の圧勝の情勢でキャスティングボートの第三極は困難とみたか民主党に急接近し秋波をおくり始めている。

30日には全ての結果が出て新たな政治が始まりそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年8月21日 (金)

政権選択選挙 注目の選挙区 (その2)

日経新聞に民主党大勝300議席に迫る勢いという記事が掲載されたが、自民党大物議員も各地で苦戦を強いられているようだ。重鎮らが長年当選回数を積み重ねてきた足元を、政権交代を求める大波が襲っている。

石川2区
14回目の当選を目指す森喜朗元首相は、民主党新人、現名古屋市長の河村たかしの元秘書の田中美絵子氏の挑戦を受けるている。
いつもは応援演説に飛び回る森善朗も逆に“子分”の細田博之幹事長に支援を仰ぐ異例の展開になっている。

愛知9区
海部俊樹元首相は17回目の選挙にして初の事務所開きをして選挙戦に臨んでいる。高齢で多選の上逆風をうけ、若さと世代交代を訴える民主党の岡本充功氏の3度目の雪辱戦に敗退するか?

公明党の矛盾 
茨城1区
公明党は絆創膏と事務所費問題で農水大臣を辞任して有名になった自民前職、赤城徳彦氏(50)に推薦を出した。事務書費問題では民主党を非難した同党であったが苦し紛れの推薦となった。

一方民主党では
島根2区
 鳩山氏が二十日、国民新党の亀井久興幹事長の応援に入った。鳩山氏が公示後、他党候補を応援するのは初めてという。
亀井氏と並んで鳩山氏は「無駄遣いをなくし、国民の信頼を回復する。そんな政治を国民新党との協力でやり通すことができると確信している」と街頭演説をおこなった。

十九日には、小沢一郎代表代行も福岡11区の社民党新人候補を訪問しており、民主党は三党がともに勝利できるようなムードづくりを始めている。


| | コメント (2) | トラックバック (8)

2009年8月19日 (水)

政権交代選挙 注目の選挙区 (その1)

北海道11区
麻生太郎首相は19日午前、中川昭一前財務・金融相の地元、北海道帯広市で応援演説した。G7で「もうろう会見」を「監督不行届きで、おわび申し上げる」と陳謝した。中川昭一に再度の復帰する力をと訴えたが猛省の意味で1回休みでいいだろう。

東京12区
公明・太田昭宏氏に参院議員からくら替えした民主・青木愛氏が“刺客”として挑む注目の選挙区。太田氏は比例に重複立候補せず「背水の陣」で臨むが前回は苦戦しておりまさかとは思うが・・・

福岡
福岡2区、同7区は全国注目の選挙区となった。2区は自民党・山崎拓元副総裁に民主新人の稲富修二氏が挑み、共産小林解子氏、幸福実現の佐竹英夫氏が絡む。山崎拓氏もトウが立ち賞味期限切れ気味、かなり面白い。

7区は古賀誠元幹事長と民主新人の野田国義・前八女市長ががっぷり四つに組むという構図だが大物古賀氏も東国原知事の擁立で失態を演じただけに予断を許さない。

静岡7区
4年前刺客の自民片山さつき(50)に不覚を取った城内実は4年間の地道な努力を経て
「今回の選挙にすべての政治生命を懸けている。おかしくなった日本を元の姿に戻す」と訴える。
是非復活して欲しいと思うが、追い風の民主新人の元NHKアナウンサー斉木武志氏(35)との三つ巴で非常に緊迫感が漂っている

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2009年8月15日 (土)

民主党政権目前の選挙前動向あれこれ

公示日前の世論調査でも民主党有利の結果が出ているがここへ来て民主、鳩山政権が既成事実であるかのような動向が続いている。

Elc0908151421003n1

○田中真紀子、夫婦で民主党入り
無所属の田中真紀子元外相(65)は15日午後、民主党の鳩山由紀夫代表とともに記者会見し、民主党入党を正式に発表した。衆院選には新潟5区から同党公認で出馬する。田中氏は会見に先立ち、夫の無所属の田中直紀参院議員(69)も鳩山氏と会談し、民主党入りすることで合意した。

双方にとって有利なことで田中真紀子は今まで民主党会派で活動して来たが民主党に入党することで自己の考え方を具現化できるし民主党にとっても選挙戦で大きなインパクトになる。

20090814at3s14021140820091f_2

○野党3党が共通政策を発表 
自公の構造改革路線からの転換鮮明にし選挙勝利後に連立政権を組む流れだが選挙前に野党が選挙前に共通政策を取りまとめるのは異例。
ただ政策に盛り込見切れなかった日本の安全保障政策への意思統一に問題点を残している

共通政策は以下の通り 
1.消費税率の据え置き

2.郵政事業の抜本的見直し

3.子育て、仕事と家庭の両立への支援

4.後期高齢者医療制度の廃止や年金・医療・介護など社会保障制度の充実

5.雇用対策の強化─労働者派遣法の抜本改正─

6.地方に権限を大幅に移譲し地域の活性化を図る

Untitled
 
○橋下氏の首長連合 民主党応援を表明

「首長連合」の橋下徹大阪府知事と中田宏横浜市長は11日、大阪府庁で会見し、全国の知事会では自民、民主両党の衆院選マニフェスト(政権公約)で自民が上と評価していたが、
地方分権や政権運営システムなどの面で、民主党を高く評価するとの「宣言文」を公表した。

「民主党は政権交代というエネルギーを一気に活用して国のあり方を変えることに踏み込もうとしている」と評価しており、
民主党政権誕生を感じ、知事選挙で自民と公明の支援を受けて当選した橋下知事は、ここへ来て自公への決別を表明、日本の新しい仕組みづくりに組する姿勢を表明したことになる。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2009年8月14日 (金)

幸福実現党と自民党の衆院選

20090813k0000e010027000p_size5
宗教法人「幸福の科学」を母体とする政治団体「幸福実現党」(大川隆法総裁)は鳴り物入りで衆院選で全国的に立候補者を擁立していたがなぜか一旦全面撤退を決めた後、再度規模を縮小して候補者を立てると言う。

選挙を直前に控えてのこのどたばたは何を意味するのだろうか?

ひとつには東京都議会選挙で惨敗したことに加えて、もともと自民党支持であった幸福の科学(大川隆法)へなりふりかまわぬ、何でもやりかねない自民党からの働きかけがあったとしても不思議はない。

一旦撤退宣言したものの準備を進めていた立候補者からの理解が得られず再出馬にいたったと言うところだろう。

立候補を取りやめた40~50人の地区は自民党を応援すると言う。

自民党は創価学会の公明党と連立を組んでいるが更に幸福の科学の幸福実現党との選挙協力はすでに政教分離の精神や主義主張を失い、なんとしても政権を維持せんがための悪あがきに見える。

いずれにしても新興宗教が政治に参入してくるのは避けねばならない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月 9日 (日)

渡辺新党 みんなの党 結成

Cimg3535


渡辺喜美・元行政改革相は8日、新党「みんなの党」を結成した。

(当ブログの1月26日の記事参照http://mugen1.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post.html参照)1月に江田憲司と国民運動体を立ち上げ半年の全国各地のフォーラムを通じての運動を経て新党たち上げに結びついた。

渡辺氏以外の新党参加者は、無所属で活動してきた江田憲司、自民党に離党届を出した山内康一、同党を離党した広津素子の各前衆院議員と、民主党を除籍された浅尾慶一郎参院議員で新党立ち上げの会見には衆院選に出馬する8人の公認候補と2人の推薦候補が同席した。

渡辺氏は行革大臣時に麻生首相の改革姿勢の後退に対立し涙を流し自民党を離党したのは記憶に新しい。

 「脱官僚・地域主権・生活重視」を3本柱とし、政権交代と政界再編を目標に掲げて、自公でも、民主でもない第三極を目指しているが、方向性が民主と合致する面もあり、是非民主党と連携し行革大臣時に成し遂げられなかった脱官僚と行政改革の完遂を目指して欲しい。

いずれ政界再編の流れも否定できないが、今は長年続いた自公政権の疲弊から脱却して新しい日本の方向性を出す重要な転機で、その為にはあらゆる努力をすることを国民は臨んでいる。
Cimg3536

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年8月 6日 (木)

クリントン元大統領の訪朝

クリントン元米大統領が突然訪朝し捕らえられていたアメリカの女性記者2名が釈放になったニュースは大きく報道された。

私的な訪朝という事だったが形はどうあれ大きな成果が得られたことは拉致問題を抱えている日本にとって考えさせられる点が多い。

釈放された女性記者の肉親は一様に政府に感謝し、国が信頼されている様子を見て、日本の拉致被害者は何を感じたのかと思うとやりきれない気持ちになる。

横田さん夫妻をはじめ拉致被害者家族はすっかり憔悴し、長期間何の進展もない状況に疲れ果て、何よりも政府への信頼をなくし絶望的な気持ちになっていると思う。

今回クリントン元大統領は日本と韓国の拉致問題の全面解決を要請したといい、オバマ政権は今後も日本人拉致問題の解決は要求していくと表明している。

金正日総書記の態度は中立だったということから解決の可能性はあるかもしれない。

それにしても麻生政権は拉致問題に対して冷たくあらゆる手段を使ってでも解決を目指すと言う姿勢が感じられない。全力を挙げて取り組むべきだが政治力のなさは如何ともしがたい。

オバマ米大統領が核廃絶宣言をし世界の核の縮小方向を示していることに対しても、麻生首相は唯一被爆国の日本として核廃絶に対するメッセージを発していない。

世界に対してのメッセージ力のないうちはいくら金を出しても日本の存在感を示すことは出来ないだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

お蔭様でブログを開設して丸一年。

昨年の8月3日にブログを開設して8月2日の今日で丸一年経過しました。
アクセス数は累計22650件に達しました。

365日一日も欠かさず、書き続けことが出来たのも多数の読者とコメント、トラックバックのお陰と感謝しています。

ただ途切れさせないために内容の乏しい、乱雑な内容も多々あり反省もありますが
政権交代を目指した目標もほぼ達成できようとしています。

今後は少しゆとりを持って週2~3回の頻度でカテゴリーも広げて書いてゆこうと思います。

これからも宜しくお願いします。

Mugen


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

若田さん、お帰りなさい

Tky200908010003
「ハッチが開いて草の香りがシャトルに入ってきたとき、地球に迎え入れられた気がした」

スペースシャトル・エンデバーで帰還した宇宙飛行士の若田光一さん(46)は、日本人として始めて4ヶ月半という長期にわたって宇宙空間で滞在した人ならではの感想を語った。

また『きぼう』組み立てなど挑戦的な任務が多く、とても忙しかったので1週間くらいに感じる。浦島太郎になったような感覚だ」と語り充実した仕事ぶりっだたことが伺える。

子どもたちへのメッセージについては「宇宙のすばらしいところは、一つ一つの国じゃなくてすべての国の人たちに夢を与えてくれるところ。子どもたちには、どんな夢でもいいから、目標を持って欲しい」と語った。

日本人に誇りと、夢と希望を与えてくれた若田さんは8月1日に46歳の誕生日を迎えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »