« 好印象、佐藤ゆかりと小泉進次郎 | トップページ | 八ツ場(やんば)ダムの教訓 »

2009年9月 3日 (木)

アホウ(麻生)鳥 飛ぶ鳥後を濁す

200909016442521n
自分の実績として残したかったのか官僚に促されたのか麻生総理の指示で消費者庁が急遽設立を1ヶ月早めた9月1日にばたばたとスタートした。

消費者庁は縦割り行政をなくし、消費者の目線に立った新官庁として党派を超えた賛成で設立されたのだが政権交代する民主党から反発の声が上がっている。

初代長官に任命されたのが官僚出身の内田俊一・元内閣府次官であることや
同庁が入居する高層ビルの家賃が年間8億円に上ること、

また設立を急に早めたことによる準備不足などの理由を上げている。
この天下りや無駄遣いの撲滅を謳う民主党にとって看過できないのは当然だろう。

麻生首相は時期政権担当する民主党がやりやすいようにお膳立てして引き継ぐのが筋である。

それにしても大惨敗してからの麻生首相のぶら下がり取材に対する態度は見苦しい。
とてもこれが日本を率いた日本の首相なのかと思うぐらい品格に欠けている。

落選した小坂憲次・元文部科学相が衆院選後の麻生首相のぶら下がり取材の態度を「誠に不愉快」、「丁寧に対応してほしい。落選した人間が再起を期す気持ちを踏みにじるものだ」と批判している。

地が出てしまった感じだが敗戦の苦境時こそ立派な態度を示して欲しいものだ。

|

« 好印象、佐藤ゆかりと小泉進次郎 | トップページ | 八ツ場(やんば)ダムの教訓 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

”アホウ(麻生)鳥”は笑いました。
ちょっと自民党さん アホウな首相が続きましたからねえ。
小泉さん以降、安倍さんは一応健康上ということでしかたないけど、福田(特に最低だと思います)、麻生で約1年づつで交代です。
2世議員のことがよく言われていますが、私も2世だから駄目だとは思いたくない。しかし、これだけワガママが続くと「やはり2世は駄目か」と思ってしまいます。
特に気にいらないのが、福田です。一般企業(サラリーマン)経験者と言うことで少し期待していましたが、裏切られましたね。おそらく、サラリーマン時代も元首相の息子ということで、特別扱いされていたんでしょうね。福田も最後の記者会見で「・・後を濁す」でしたし。

それにしても、周りのにいる幹部、閣僚は何も言わないのでしょうか? 恥だと思わないのでしょうか? 不思議な世界です。と言うか国民としてはこんな人たちでは困るのですが。

こんな人たち、また、当選してますね。有権者もアホが多いだけかあ。
 

投稿: Toms | 2009年9月13日 (日) 01時04分

Tomsさん
自民党のひどさは惨敗後の狼狽振りと混乱を見ると目を覆いたくなりますね。
国民の多くが2大政党制を望んでいるのでしっかり立ち直って欲しいものです。

投稿: Mugen | 2009年9月13日 (日) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/46112087

この記事へのトラックバック一覧です: アホウ(麻生)鳥 飛ぶ鳥後を濁す:

« 好印象、佐藤ゆかりと小泉進次郎 | トップページ | 八ツ場(やんば)ダムの教訓 »