« 八ツ場(やんば)ダムの教訓 | トップページ | おめでとう!イチロー 9年連続200本安打達成。 »

2009年9月13日 (日)

温室効果ガス削減は地球的課題

鳩山(予定)総理は温室効果ガスについて90年比25%削減を打ち出し物議をかもしているが方向性やよしである。
高すぎる目標は産業界の発展を阻害するし国民の負担を大きくすると反対論も多いしそれなりの理由はあると思う。
しかし
地球のために負担しますという主婦がいたが地球温暖化防止は世界の趨勢でアメリカや中国も削減幅についての主張はあるが異論を唱える事はできないだろう。
ポイントは
①日本は今まで周りを見ながらの腰が引けた外交姿勢から再度存在感を示し世界をリードできるようになるいい機会だし情報発信テーマとしてもふさわしいと思う。日本がリーダー的役割を果たしアメリカ、中国、インドを巻き込んでいって欲しい。

②日本は過去厳しい排ガス規制やオイルショック後の省エネをも乗り越えてきた高い技術力を持った国である。排ガス規制は日本を世界の自動車生産国にしたし石油依存率も低い国になっている。

日本は環境技術先進国である。太陽光発電、リチウム電池、原発など技術立国としての能力を遺憾なく発揮すればそれは自ずと経済対策になる。

家計への負担が36万といわれているが国を挙げての取り組みで雇用は創出できるし36万の収入増は困難な事ではない。

③実質上初めての政権交代で日本は大きく変われる可能性がありチャンスでもある。過大な期待をしているわけではないが鳩山(予定)首相は政治決断ができそうだしその決意を示している。ここは変わる事を期待して見守っていきたい。

|

« 八ツ場(やんば)ダムの教訓 | トップページ | おめでとう!イチロー 9年連続200本安打達成。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 25%削減を打ち出したことは、大いに賛同できます。
 財界を中心に批判も多いようですが、頑張ってほしいと思います。

投稿: ふる | 2009年9月13日 (日) 14時41分

spadeふるさん
オバマ大統領もグリーンニューディール政策で新しい産業を育て雇用を創出しようとしています。
日本産業界のポジティヴな取り組みを期待したいし、
アメリカにも温暖化ガス削減に理解を示し積極的な取り組みに転換する事を期待したいと思います。

投稿: Mugen | 2009年9月13日 (日) 16時44分

日本は京都議定書の主催国であると同時に世界のリード役であるべき国と思うので購入ではなくしっかり削減して欲しいですね

投稿: | 2009年9月22日 (火) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/46196651

この記事へのトラックバック一覧です: 温室効果ガス削減は地球的課題:

« 八ツ場(やんば)ダムの教訓 | トップページ | おめでとう!イチロー 9年連続200本安打達成。 »