« 鳩山丸、期待の風を帆に受け滑り出し順調。 | トップページ | どう、どう、どう、亀井静香君 »

2009年9月26日 (土)

鳩山首相、上々の外交デビュー

2009092508513716
鳩山首相は国連総会の演説で新しい日本人の首相像を示した。

脱官僚を標榜するだけあって演説は英語も流暢に自分の言葉で自分の思いをストレートに表現して世界に新鮮な存在感を示した。

外交舞台ではリビアのカダフィ大佐のように持ち時間の何倍をも使って国連のあり方を批判するような強い態度も時には必要なのだ。

鳩山首相は独自の主張の友愛精神に基づき、日本が世界の『架け橋』となるべく全力を尽くす」と宣言し、途上国には鳩山イニシャチブを示し、日中韓、東南アジアでのは東アジア共同体の構築をも言及した。

海外の評判も良く特にCO2 25%削減目標については環境問題に関心が深いフランスのサルコジ大統領やゴア米元副大統領に賞賛され、また米オバマ大統領の核軍縮に呼応するように日本の非核三原則を高々と謳い唯一の被爆国として広島長崎を強調した。

懸念されたアメリカとの関係もオバマ大統領とファーストネームで呼び合うまでの親近感と信頼感が生まれたようで、日米との軍事同盟を機軸に対等な立場で給油問題や、普天間基地などの問題点をひとつづつ解決して行ける様に思う。アメリカ懸念のアフガン問題も日本の出来る形での積極的な支援をすれば良いと思う。

首相就任後10日間でのタイミングの良い国際会議を捕らえての鳩山主相の国際デビューは成功だった。
しかし本当に信頼を得ることが出来るのは演説したことをどれだけ実行するかにかかっており歩みは遅くとも確実に実現させて言って欲しい。

|

« 鳩山丸、期待の風を帆に受け滑り出し順調。 | トップページ | どう、どう、どう、亀井静香君 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>...どれだけ実行するかにかかっており...
 同感です。
 良いスタートをきったと思います。今後は、課題を慌てずに確実に実行して欲しいと思います。

投稿: ふる | 2009年9月26日 (土) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/46316523

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相、上々の外交デビュー:

« 鳩山丸、期待の風を帆に受け滑り出し順調。 | トップページ | どう、どう、どう、亀井静香君 »