« 鳩山首相の所信表明演説に思う | トップページ | 感動!松井秀喜選手 ワールドチャンピオンおめでとう »

2009年11月 3日 (火)

鳩山外交の試金石、普天間基地移設問題

鳩山政権は理想と現実のギャップに直面することが多くなると思うが、今,対米外交とりわけ普天間基地移設問題では揺れ動いている。

野党自民党はこぞって内閣不統一、閣僚,首相の意見がバラバラであると追求している。確かに政府方針は定まっていないように見える。

鳩山首相は、最後は私が判断すると答弁しているが、反骨の元外交官天木直人氏がブログで言うように
《日米同盟から自立した、日本のための、日本国民のための正しい外交を行う、そういう覚悟が鳩山首相にあるのではないか》 と思いたい。

マニフェストの公約、沖縄県民の願い、旧政権での国家間の日米合意などが複雑に絡み合った難題だけに時間が多少かかっても将来の日本のために正しい着地点を導きだして欲しい。

真に良好な日米の同盟関係を築くには、今までの関係打破を主張して政権交代しただけに多少の摩擦やもたつきがあっても止むをえないと思う。

アメリカとの関係悪化を危惧する意見を多く見受けるが、これまでの従属的な関係から脱却するには多少の摩擦を乗り越えお互いを正しく理解して初めて可能と思う。

日米はこれまでの歴史から見てもお互いに必要としていて、天木直人氏も

《日米関係が決定的に悪化することなどあり得ない。
 普天間基地の話し合いごときがこじれたとしても、アフガン協力をしなくても、そんな事で米国が日本との関係を決定的に悪化させる事などあり得ない。》
とあるのは全くその通りと思う。

来るオバマ大統領の来日はお互いの信頼関係を築く絶好の機会でそのような会談になる事を期待したい。


文中引用は天木直人氏のブログから

http://www.amakiblog.com/archives/2009/10/31/#001519

|

« 鳩山首相の所信表明演説に思う | トップページ | 感動!松井秀喜選手 ワールドチャンピオンおめでとう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>...摩擦やもたつきがあっても止むをえない...
 同感です。
 これまでの自民党政権下での従属的な関係が異常だったのです。対等な日米関係のために頑張って欲しいです。

投稿: ふる | 2009年11月 4日 (水) 09時28分

spadeふるさん
オバマ大統領との首脳会談はお互いの見識の中でいい関係が生まれると予想しています。

投稿: Mugen | 2009年11月 4日 (水) 15時52分

ふるさん、Mugenさん全く同感ですね。

日本人は、外交が下手ですね。歴史的に見てもほとんど言われるままです。
日本人は ”和” を重んじます。 本当はすばらしいことだと思うのですが、この解釈が何か違うのです。
日本の企業間の関係もそうですが、”相手に反論して怒らせない”、”あまり主張しない”等、相手に不快感を与えないことが、”和” のようになっています。私は、全く違うと思います。
 お互い主張することは主張し、お互い議論し、お互い妥協し合うことで「信頼」が生まれ、その結果 ”和” が生まれるのだと思いますが。

今までの外交は全く違っていますよね。今回も、日本が主張したら、”アメリカが怒っている。アメリカと最悪の関係になる。大変だあ”と。自民党の不破さんまで予算委員会で言っている。(不破さん外交は駄目なのかなあ)
もうこの時点でアメリカの戦略に填っています。外交戦略すごいなあ、アメリカ、中国。
もっと、”日本の方がいい加減に怒っている。我々こそ、アメリカとの関係を危惧している。” と言うぐらいの強い外交ができないものか。アメリカも中国も関係悪化しないことは分かっているから、”はったり” をかませてくるのです。悪化させたくないのですから。

民主党には、今までと違った外交を見せてほしい。

投稿: Toms | 2009年11月 5日 (木) 19時05分

spadeTomsさん

そうだ、 そうだ。

投稿: Mugen | 2009年11月 6日 (金) 13時28分

沖縄基地問題ですが、
最初、民主党がマニフェストとして揚げていた、県外、国外移転は現実問題として無理です。米軍基地はなくなりません。
では、日本国として現地住民、沖縄県民に何ができるか? 
 まず第一に、アメリカと交渉し、最小限に縮小すること。
 冷戦時代とは違う、現在の状況で、アメリカ軍基地を再編成することを検討する。もちろん、沖縄の基地だけではなく、日本国内全てのアメリカ軍基地を対象にしたいですね。ただ、現状では0にはなりません。現在の日本は自力だけで防衛できないからです。日米安保は今のところ必要だからです。

ちょうど先日「太田総理・・・」で、この問題を取り上げていました。
そこにはやはり、自民党の石破さんがいまして、得意の持論を展開していました。個人的には好きな人なのですが・・・。
理論的にこの基地問題、防衛問題を語っているだけで、結論は、
 「沖縄の基地はなくせない。」
そして、最後に決定的なことで 「そうだ」と言いました。
 「日本の防衛、日米安保のために沖縄は犠牲になってもらうしかない。辺野古の自然も犠牲に・・。」 ← 太田が言ったのを認めたのです。

これが、本音だろうと思います。特に自民党の。

民主党にはなんとか、日本、沖縄に少しでも有利(?)になるような外交をがんばってほしいのです。

投稿: Toms | 2009年11月 8日 (日) 00時41分

spadeTomsさん
本当に難しい問題ですね
来るオバマ大統領との会談には普天間基地については具体的に触れないようですが
初めての政権交代なので率直に話あい、併せてアメリカに貢献できる提案もして欲しいと思います。

投稿: Mugen | 2009年11月 9日 (月) 20時19分

「事業仕分け」が始まりました。
その中で、アメリカの基地と言えば、「思いやり予算」です。

”思いやり”、自分のために働いてくれている相手に対して、感謝を込めて何か他の物で援助する。すばらしい、日本の心です。

ただ、この”アメリカへの思いやり”はホントに”感謝”しての物でしょうか? それと、自分の首を絞めてまで行うものでしょうか?
アメリカも ”もらえる物は何でもたくさんもらえ。” となっていないだろうか?

”思いやり予算”を無くす必要はないと思います。ただ、
日本に捨てるほどお金があれば良いのですが、そうでなけば、減額するべきです。

”思いやり”と言うのは、その時々の精一杯のことをしてあげることだと思うのですが。

その他の「事業仕分け」 については、また次に・・。

投稿: Toms | 2009年11月11日 (水) 23時48分

事業仕分けが公開で行われ国民が税金の使われ方の是非を知ることが出来ることは画期的な出来事です。
無駄とはいえないまでも不要不急であったり予算要求額が甘いものも多くあると思います。
思いやり予算もそのひとつで明らかに額が多すぎると思います。
要は40万の収入の家庭が50万の借金をして90万の生活を営むに等しい国家と思えば自ずと適切な判断ができるでしょう。
必殺事業仕分け人は是非成果を出して欲しいですね。

投稿: Mugen | 2009年11月12日 (木) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65425/46660277

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山外交の試金石、普天間基地移設問題:

« 鳩山首相の所信表明演説に思う | トップページ | 感動!松井秀喜選手 ワールドチャンピオンおめでとう »